羞恥イジメ告白部屋



 部屋を出る

この部屋のアドレス:029 Maison de Boo, City Center, METROPOLE21

この部屋のオーナー:コウジさん(クリックするとメールが出せます)

<オーナーのメッセージ>
中学高校でヤンキー連中に命令され、人前でオナニーさせられて感じてた人
そんなことさせてた元ヤンな人、体験談やそんな妄想・・・話しませんか?
(お悩み相談は専門サイトへ・・・)

こんなやり方もあるぜ!っていう妄想でも。

★相手募集、書き込みに対する、直接メールへの誘導は掲示板の趣旨に反しますので遠慮して下さい。


オーナーコマンド(この部屋のオーナー以外は使用できません)

パスワード:     


この掲示板は18歳以上のゲイまたはバイの男性が利用することを前提にしています。それ以外の方のご利用や、援助交際を求める内容の書き込み、宣伝行為は固くお断りいたします。

ペンネーム: メールアドレス:(省略可、スパム対策済み)
タイトル: 削除パスワード:(後で削除するときに使用)

メッセージ:(一度も改行せずに書き込むと自動改行されます)



うちの兄 投稿者:晋太郎(9月18日(月)16時14分03秒)
通りすがりだけど、うちの兄も昔よく下半身ケツ丸出しで登校させられてたな
今もだけど当時もおデブちゃんだったんで体型も目立ってた。前隠すの禁止になってからは、屈み腰になってた姿が面白かった。

ことさんへ 投稿者:中村(9月11日(月)00時14分38秒)
詳しくお願いします。

夏休み 投稿者:こと(9月9日(土)07時56分33秒)
自分は、夏休みだからといっていじめなくならなかった。
部活があったから。
しかも先生いない自主練とか多くてそのときは最悪、先輩のやりたい放題だった。
後輩はまさに奴隷。

チャットしよう 投稿者:純一(8月13日(日)00時54分42秒)
週末を中心に、夜10時前後からラブラブチャットに部屋を作っているので、興味があれば遊びに来てください (^-^)/

体育会現役部員または30歳以下のOBで、
1)寮や合宿所での全裸生活
2)普段の練習でも全裸練習
3)射精管理
4)女子マネの前での射精など恥罰
5)ビンタやケツバットなどの激しい体罰
などなど、厳しいシゴキ経験があり、俺にその話を聞いてもらいたい奴。
興味のある奴は、下のツーショットのところに来てください。

但し、柔道部、相撲部、ラグビー部など太り系はイマイチです。

勝手言ってスイマセン。

↓下のライブラブチャットで、俺が待機している部屋を探してくれ。
http://metro21.com/chat/2shot.cgi

チャットはできないけど、俺とメールで話たいやつがいたら、
俺のメアドはこっち↓

10815081@infoseek.jp

独り言 投稿者:サイダー(7月18日(火)19時32分04秒)
夏休みでいじめから解放される子もいるんだろうな。休み明けこらはまた地獄かな?

麦さん 投稿者:ごろー(7月14日(金)05時04分22秒)
神聖な神社前で真性な俺…

ごろー 投稿者:麦(7月13日(木)19時23分24秒)
じゃあ神社前でチンポ出して立って見たら?

マサシさんへ 投稿者:明日葉(6月12日(月)19時30分17秒)
マサシさん、応援してますよ
ヤンキーの話ではないけれど羞恥系の話題だし、実話独特の雰囲気が出ています。
いつでも好きな時に続きを書いて下さい。

寺の息子 投稿者:マサシ(6月2日(金)00時52分47秒)
声援ありがとうです。でも興味のない他の方々の迷惑にもなりますので、今後は間を空け
つつ、気が向けば書くということにしたいと思います。すいません。

寺の息子 投稿者:マサシ(6月2日(金)00時46分32秒)
俺たちは唖然とした。泣きじゃくるタカシの様子を見ても、想定外の事態になってしまっ
たことだけは分かった。
慌てた俺たちは、とにかくタカシを「守る」方に動き出した。足元の精液の溜まりに砂を
掛け、泣くタカシをなだめ、門側に人垣を作りタカシが丸見えにならぬようガードした。
俺たちからは住職を呼ばない方がいいと判断し、そのままタカシが落ち着くまで待つこと
にした。タカシのモノはしばらく勃起状態を続けていたが、時間と共に元の大きさや色に
戻り、またそのあいだ門の外を通る人に幸い気づかれることもなく、しばらくして住職が
戻って来たことで、その日のタカシへの罰は終了した。
その日からしばらく、俺たちはタカシの話題を避けた。俺たちのあいだでは性の話題に直
接ふれることは気恥ずかしく、まだ何となくタブーだったのだ。
一方のタカシも俺たちのことを避けていた。こうして両者には、しばらく接点が無い状態
が続き、やがて夏休みに入った。
中1の夏休みの間に俺たちは成長し、色々なことを知り経験した。そして夏休みが明け、
俺たちの1人がふとタカシの話題を口にしたことを切っ掛けに、タブーが一気に崩れた。
タカシのモノの発毛や勃起をみんなで観察したことを語りあい、そして当然あの白い液体
について、特に手も何も使わずにイッたことについての話題で俺たちは盛り上がった。
ある者はタカシのことを「神」だと呼び出した。寺の息子でも「仏」ではおかしいから、
という理屈にみんな乗っかり、それから俺たちはタカシのことを、性的な話題をする時に
は「神」と呼ぶことにした。まあ、頭の悪い俺たちがつけた、あだ名のようなものだ。
そして俺たちは「神」へのインタビューをすることで意見が一致した。もちろん単なる悪
ふざけだ。その勢いでタカシにアタックした。久々にもかかわらず、やけに陽気に近づい
て来た俺たちに、タカシは警戒心を露わにした。

マサシさんへ 投稿者:きりん(5月31日(水)11時06分02秒)
いつも楽しみにしてます。早く続きを読みたです。

マサシさんへ 投稿者:佐藤(5月31日(水)07時49分37秒)
僕も楽しみにしてます。
すごくおもしろいです。

マサシさんへ 投稿者:たか(5月31日(水)01時21分46秒)
そんな事ないですよ。
もっと続き聞きたいです。
最後まで書いてもらいたいです。

寺の息子 投稿者:マサシ(5月31日(水)00時49分24秒)
すいません、話が長過ぎますね。もう終わりにした方がいいですよね。

寺の息子 投稿者:マサシ(5月31日(水)00時44分42秒)
生え始めの毛だけでなく勃起までも同級生の目の前で晒したタカシの顔は本当に赤くなっ
ていた。しかも門の外から丸見えの、誰にでも見られてしまう恐れのある場所でのこと
だ。いくら躾が厳しい寺の息子とはいえ、俺たちにも同情心が・・・ない。
これまでタカシのモノをなかなか見ることが出来なかった分、俺たちの興奮と好奇心は簡
単にはおさまらなかった。
さっきタカシのモノに手をふれた1人が、また手を伸ばした。軽く揉むようにさわってみ
てオオッという歓声をあげたので、俺たちは先を争うようにしてタカシのモノに手をふれ
てみた。
つい今まで冷たい井戸水をかぶっていたタカシの体は冷えていると思っていたが、少しば
かり手でふれたタカシのモノは意外なぐらいの熱を帯びていた。もちろん俺も勃起するこ
とはあるが、こんなに熱かったことはないぐらいだった。
俺たちが一通り手をふれた後、タカシのモノはこれ以上ないぐらいに膨張して(まだ包茎
だったけど)ピクピクと動きを見せるようになったので、俺たちは観察モードに入った。
タカシの息づかいが少し荒くなってきた気がしたが、これ以上ない恥ずかしさのせいで息
苦しくなってきたのかなと思っていた。またタカシが両手を前に持って来ようとしたので
今度は脅すだけでなく、俺たちが実際に腕を掴んで背中側に戻させた。
またタカシのモノがピクピクと上下に動いた。と思ったら、先っぽが急に膨らんだと同時
に、白い液体が皮の間から溢れ出て来たのだ。
まだ経験の無かった俺はビックリした。俺たちの中には既に知っている者もいたかもしれ
ないが、こんな形で出るとは思わなかったはずだ。みんな、とにかく驚いた。
タカシは泣いていた。両手を体の後ろに組んだまま、最大限に勃起した自分の恥ずかしい
モノから精液を吹き出すところを俺たちに至近距離で観察されながら。
それは10秒ぐらい続いた。もちろん白い液体はタカシの足元の地面に垂れ、小さな溜ま
りを作り出していた。

寺の息子 投稿者:マサシ(5月28日(日)00時42分37秒)
久々に見たタカシのモノは立派の一言だった。俺の小学生みたいなモノとは違い大きくて
先端まで同じように太かった。色はきれいな肌色だが、付け根には黒い毛がうっすらと生
えていた。だらんと垂れたモノの後ろにある丸まった玉袋まですべてが丸見えだ。
俺たちはオオッという歓声をあげた。同時にタカシの顔が羞恥と屈辱に歪んだ。
住職がいなくなったことをいいことに俺たちは、その場にしゃがみ込んで間近でじっくり
と観察することにした。加虐心に火がついたのだ。可哀想などという感情は無かった。
タカシの裸体を前から横から後ろから、みんなで観察する。体毛が薄い分、少しばかりの
股間の毛がひときわ目立つ。一番長い毛でもせいぜい2cm弱といったところか。いつタ
カシは生え始めたのだろう。
まだ俺たちも自分の成長具合は互いに知られたくない頃だったので、タカシのモノについ
ての感想は露骨には口にせず、それぞれが内心で自分のモノと比べていたのだった。
そんな時、1人がいきなりタカシのモノに手をふれた。俺は少し驚いたが、その違和感を
口に出すことは、なぜか出来なかった。
ソイツはタカシのモノの硬さを確かめたかったようで軽くふれて、すぐに手を離した。
だが、その瞬間からタカシのモノに変化が起き始めた。そう、勃起し始めたのだ。
さすがのタカシも慌てて手で隠そうとしたが、俺たちが「住職を呼ぶぞ」と脅すと、泣く
泣く両手を背中側に戻した。
タカシのモノは勃起を止めなかった。俺たちのすぐ目の前で、より太く大きくジリジリと
勃ちあがってしまったのである。あまりの恥ずかしさにタカシは嗚咽を漏らし始めた。

寺の息子 投稿者:マサシ(5月27日(土)00時58分09秒)
住職が向かったのは庭の奥にある井戸の前だった。タカシは井戸の前に座らされるとポン
プで井戸の水を桶に汲み、その桶の水を頭からかぶるよう住職に命令された。
夏が近いとはいえ井戸水は相当冷たいらしい。タカシはブルブルと裸身をふるわせながら
住職が「よし」と言うまで桶の水をかぶり続けた。その数は10回程度だったと思う。
その間、タカシは俺たちに背中を向けていた。片手では済まずに両手を使うことが多かっ
たので、井戸の反対側に回ればタカシの正面を見ることが出来たのだが、住職もいる手
前、雰囲気的にそれは出来なかった。
これで終わりなのかなと少し残念に思っていたら、住職はタカシに再び「こっちに来い」
と命令した。井戸水で体が冷えて抵抗力を失くしてしまったかのように見えるタカシがノ
ロノロと住職のあとをついて行く。それでも股間だけは両手でしっかりと隠すことを忘れ
てはいない。ここまで徹底的に隠されると、どうしても見たくなるのが人情ってものだ。
俺たちもついて行くと、住職は寺の門の前まで行き立ち止まった。一瞬、外に出るのかと
思ったが、さすがにそれはないようだ。
そして住職はタカシに「ここで外を向いて立っておれ」と命令した。門の外からすぐ見え
る位置だ。ふだん寺の前は人通りが少ないとはいえ中学生だって通ることもある。見られ
てしまう恐れは十分にある。
さらに住職は「両手は体の後ろで組め」とタカシに命令した。タカシはビクッと顔を上
げ、ほぼ泣き声で住職に許しを請うたが、聞き入れられることはなかった。
やがてタカシはあきらめたようにうつむいて、両手を背中側に回した。つまり門の外から
タカシのモノは丸見えの状態にある。
住職が「そのまま動くなよ」とタカシに言い残して建物に去ったあと、俺たちはタカシの
傍に駆け寄り、そしてタカシの正面に回り込んだ。
恥ずかしさで真っ赤な顔をしたタカシのモノが、そこにはあった。

ここだけのはなし 投稿者:カイボウ被害者(5月24日(水)14時08分21秒)
既婚の妻子持ちですけど、書き込みよろしいでしょうか?
自分も中学生の時、同級生からイタズラされた経験があって
実はこちらの掲示板、以前からこっそり覗いて気になってました(^_^;)。
色々な女性ともお付き合いして性癖は一応ノーマルなのですが、正直言って
あの頃イタズラで受けた気持ち良さを凌ぐセックスは経験していません。
人によってもちろん差はあると思いますが、ああいう敏感な時期にああいう体験を
してしまうと、一生カラダに染みついてしまうのではないかと思います。
昔の彼女や奥さん含め、誰にも言ってないトラウマです(^_^;)。
ここに書いて少しスッキリしました✌

寺の息子 投稿者:マサシ(5月23日(火)01時14分42秒)
必死に否定するタカシと多数の俺たち。どちらが嘘をついているのか思案する住職に、俺
はタカシの決定的な悪行を暴露した。と言っても小学校低学年の頃の、まだ善悪の判断が
つかない頃の話だったが、俺はタカシと一緒に寺の賽銭箱から小銭を頂戴したことがあっ
たのだ。
それを聞き、タカシの反応を見た住職は烈火のごとく怒り出した。今度はタカシの言い訳
は通じなかった。少なくとも、この話は本当の出来事だと住職は見抜いたのだ。
俺たちの目の前で住職に叱りつけられたタカシは、その場で服を全部脱いで庭掃除を即座
に始めるよう命令された。
タカシは「みんなの見ている前では許して」と住職に懇願したが受け入れられず、泣く泣
く俺たちに背中を向けながら服を脱ぎ始めた。さすがに最後のパンツを脱ぐのは躊躇した
が、「早くしろ」と住職に一喝され、あきらめてパンツを下した。
タカシの尻が丸見えになった。パンツを足から抜く際に、俺たちの方に突き出す格好に
なったタカシの尻は大きくて柔らかそうに見えた。尻はもちろん足にも毛は見えない。
そのままタカシは俺たちに背中を向けたまま股間を両手で必死に隠して、道具を取りに
行った。
戻って来たタカシは、この前と同じように片手で股間を覆ったまま、俺たちのすぐ目の前
で庭掃除を始めた。羞恥に顔をゆがめ、前かがみの内股で、そして出来るだけ俺たちに背
中の方を向けて。
俺たちは前から後ろからタカシの股間を凝視した。さすがに片手では玉袋の方までは隠し
きれていない。結構、大きかった。
でも肝心なモノは見えなかった。隠すなとは言わなかったが、この前とは違い、住職も庭
掃除に立会い、逐一タカシに怒声を浴びせていた。
素っ裸で同級生の目の前で庭掃除をさせられたタカシは、恥ずかしさで全身を真っ赤に
させていた。涙こそ見えないが、表情もほとんど泣き顔と言っていい。
地獄のような庭掃除を終えたタカシだったが、罰はこれでは終わらなかった。「よし、
こっちへ来い」と住職に呼ばれた時のタカシの顔は、まるで死刑宣告を受けた囚人のよう
だった。
そのタカシの表情に、それまで興奮しつつも消化不良気味だった俺たちは、一気に期待に
胸を躍らせた。遂にその時が来たのだと。

寺の息子 投稿者:マサシ(5月20日(土)00時26分12秒)
同級生をケガさせる(鼻血だけだったが)以上の罪をタカシに犯させる。それは簡単なこ
とではない。タカシは寺の息子だけあって、俺たちの悪い誘いには決して乗って来ない。
また脅しても無駄だろう。俺たちの企みは既にバレているのだから、言うことを素直に聞
くはずがない。
そこで俺たちは最も強引な方法を取ることにした。リスクもあるが承知のうえだった。
俺たちはタカシの鞄に、1人の私物をこそっと入れた。何も知らないタカシは気づくこと
なく教室を離れ、家路についた。
俺たちはタカシが寺に入るのを確認すると、意を決してみんなで門をくぐった。
「タカシ〜!」
すぐに困惑顔のタカシが出て来たので、俺たちはこう言った。
「お前、コイツの物、盗んだろ」
タカシは訳が分からないという顔をした。当たり前の反応だ。
「盗んだ物、返せよ!」
俺たちは大声で喚き立てた。もちろん住職の耳に届かせることが目的だった。わざわざ
「盗んだ」という物騒な言葉を使ったのも計画のうちだった。
困ったタカシは否定すると共に慌てて、とにかく俺たちを静かにさせようと務めたが、俺
たちは止めなかった。
すると狙い通りに住職が出て来たので、俺たちはビビりながらもタカシが悪行を働いた旨
を住職に伝えた。全力で否定するタカシだったが、俺たちが見たこと(になっている)を
伝えると、住職はタカシに鞄を持って来させ、ひっくり返して中身を出すよう命令した。
自信があったタカシが鞄をひっくり返すと、タカシの知らない物が1つ落ちて来た。
その瞬間、タカシの顔は青ざめた。慌てて「知らない」と主張するが、俺たちに嵌められ
たことが分かったはずで、その表情は泣き顔に変わっていた。