羞恥イジメ告白部屋



 部屋を出る

この部屋のアドレス:029 Maison de Boo, City Center, METROPOLE21

この部屋のオーナー:コウジさん(クリックするとメールが出せます)

<オーナーのメッセージ>
中学高校でヤンキー連中に命令され、人前でオナニーさせられて感じてた人
そんなことさせてた元ヤンな人、体験談やそんな妄想・・・話しませんか?
(お悩み相談は専門サイトへ・・・)

こんなやり方もあるぜ!っていう妄想でも。

★相手募集、書き込みに対する、直接メールへの誘導は掲示板の趣旨に反しますので遠慮して下さい。


オーナーコマンド(この部屋のオーナー以外は使用できません)

パスワード:     


この掲示板は18歳以上のゲイまたはバイの男性が利用することを前提にしています。それ以外の方のご利用や、援助交際を求める内容の書き込み、宣伝行為は固くお断りいたします。

ペンネーム: メールアドレス:(省略可、スパム対策済み)
タイトル: 削除パスワード:(後で削除するときに使用)

メッセージ:(一度も改行せずに書き込むと自動改行されます)



見られた? 投稿者:ザザムシ(8月11日(木)12時24分53秒)
もう40年も昔の小5のある日
クラスでプロレスごっこをしたとき、
相手が十の字に乗ってカウントダウンが始まると、
僕も僕もとばたばた乗ってこられて身動き取れなくなりました。
すると誰だかがズボンとパンツを下ろして行きます。
じたばたもできないうちにチンチンに外気を感じました。
でも、誰も何も言わないのでどういう状況なんだかわからないまま
今度はズボンを戻してきます。
そのままズボンのボタンを留めると、みんなパッと散っていきました。
本当に実をみられたのかなぁ?

どすこい‼土建屋相撲部日記 投稿者:どすこい‼土建屋相撲部員(8月7日(日)21時20分21秒)
土建屋に勤めているドM豚親父です‼
Yahoo!ブログに「どすこい‼土建屋相撲部日記」を載せました。
よろしければ、検索してみてください。よろしくお願いいたします‼
ごっつぁんです‼

小6の時の金的イジメ 投稿者:たいがん(7月26日(火)00時19分27秒)
20年以上前、僕は当時小学校6年生。
毛も生えて無くツルツルで勃起はするけど剥けない、オナニーもまだ知らなかった頃の話。
放課後クラスの男子全員でエロ本を買ってみんなで見ようぜって事になった。
当時はネットもなく、ヌードを見るのも簡単では無かった時代。
お金を出し合ってコンビニで買うって事になったんだけど、僕はやな予感しかしなかった。
僕がいたクラスは今で言うスクールカーストがあって、上位クラス4人(背も高くスポーツ万能、イケメン揃い)、
中間クラス8人、下位クラス4人(いじめられっ子)に別れてた。
上位4人はいつもクラスのカワイイ女子とつるんでた。
僕はもちろん下位クラス(泣)
結局、お金を払うのも恥ずかしい思いをしてエロ本を買いに行くのも下位クラスの4人
になった。
買いに行く時、上位クラスの子から「コレとこれを買って来い、中は絶対みるなよ!」
と強く脅されてました。
僕達は怖かったから素直にエロ本を2冊買ってみんなで公園に行きました。
んで、買ってきたエロ本は上位4人が中心となって中位の子達が周りから除きこむ様に見始めました。
下位の僕達はというと、お金を出して恥ずかしい思いをして買ってきたにも関わらず見せてくれません。
「お前らコッチ向くなよ!誰か来ない様に見張っとけ!」
監視役にされてしまいました。
後ろからは「おっぱいでかいなあ」とか「エロい裸だ」とか興奮してる
声が聴こえてきます。
僕はエロ本の方を見たくて仕方なかったけど我慢してたら、
同じ下位クラスのA君がチラッと見てしまいました。
それを上位クラスの一人に見つかってしまいました。
「ナニ見てんだよテメー、おい羽交い締めにしろ」
中間クラスの一人に命令をしてAくんを後ろから羽交い締めにします。
抵抗する間もなく上位の子がAくんの股間めがけてケリを入れました。
見事にヒットし、その場で悶絶ししゃがみ込むA君。
上位の子が「連帯責任だな!」と言って下位のB君、C君も羽交い締めにさせました。
ちなみに中間クラスも上、下ってなんとなく分かれていて羽交い締めに
するのは大体下の子。
なぜかというと羽交い締めにしてる子も被害を受けるかもしれないし、
下手に逆らって下位に落ちるのがイヤだったから。
で、B君C君の股間にもクリーンヒット!
悶絶してうずくまる2人。
それを見て大笑いの上位と中間の子達。
最後は僕だけど思わず逃げてしまいました。
でもすぐに捕まり、羽交い締めにされてしまいました。
僕は抵抗したけど、ヒョロかったから全く歯が立たず。
「こいつ逃げたぞ!脱がしちゃおうぜ!」
流石に今まで脱がされた事はなかったので必死に抵抗したけど
あっさりズボンとパンツを脱がされました。
「こいつチンコ小せえー縮んでるのか?」
みんな大笑。(下位クラス以外)
確かに恐怖で縮んでたけど、それはそれとして物凄く恥ずかしかった。
さらに両足も片方づつ抱えられ少し股が開く感じにされました。
そんな騒動でもニヤニヤしながらエロ本読んでた上位の子
「おう!俺やるよ!」
そう言って僕の裸の股間目掛けて蹴ってきました。
「いだ〜!」僕も悶絶して股間を押さえてしゃがみ込んてしまいました。
ズボンとパンツはすぐに返してもらい、下位クラスの金的イジメはおわりました。
そして下位クラスの4人は再び監視役です、
ちなみにエロ本は皆で分け合って持って帰るって事になりました。
まず上位クラスの子から好きなページを選びます。
かわいい系もしくは美人系の巨乳ヌードが全部なくなりまた。
次に中間クラスの子が残りから選んだんだけど、とにかく乳首が見えてる
ヌードが重要で、少しブサイクだけど巨乳ヌード、かわいい系だけで
貧乳ヌードを片っ端から回収しました。
残りが僕達下位クラスのもななんだけど、見事に乳首の見えてるヌードは
一つもない!
広告には乳首に星マークがあるし、普通の水着グラビア、
裸だけど背中だけとか。
その中で一番エロかったのが巨乳AVアイドルの手ブラ。
乳房の柔らかそうな感じかわかるヌードだったけど、
肝心の乳首は見えず。
た
だから今でも手ブラヌードを見ると当時の事を良く思い出します。








昔話 投稿者:中年親父の妄想(7月20日(水)08時38分13秒)

20年ほど昔のことです

ある高校入学間もない日の放課後のこと
たまたま放課後に少し残っていて帰ろうと校舎の1階の自販機売り場の近くを通りかかったところでした
一人の男がジュースを買い込んでいました
よく見るとその男は何も身につけていませんでした
身長が180近くでがっしりと少し小太りで頭はツルツルに剃られた男が
持っていたビニール袋の中に買い込んだジュースの缶をつめ込んでいました
ある程度ジュースを買い込んでこちらに向きを変えた時に目が合ってしまいました
「あっ」とお互いに声が出て・・・なんとも言えない気まずい間ができてしまいました
私はその男の全身が見えてしまい股間に毛が全く無くギンギンに勃起をしているのが見えてしまいました
その男は数歩後ずさりして一礼をしてそそくさと走って行ってしまいました
その瞬間は何が起こったのか整理ができない状況でしたが
徐々に整理されていくうちに興奮していきその状況を繰り返し思い返して勃起をしていました

次の日も起こるかもと思って放課後にその自販機の近くで待ち伏せをしていました
しばらく待っていましたが何も起こらない様子が続き1時間ちょっと時間が経ち帰ろうとしたその時でした
遠くの方からドスドスと勢い良く走ってくる音が聞こえてきました
すると昨日とは違う男がジュースを買いに来たのです
170近くの小さな太ったツルツル頭の男が素っ裸でビニール袋一つ持ち自販機の前にやってきました
体中泥まみれで息を切らせながら急いで焦りながら缶をつめ込んでまた戻っていきました
気づかれない様に後をついていきましたが体育館や柔道場の方向に走っていった様子で見失ってしまいました

連日丸裸の男が走らされているのを目撃して興奮しました
自分がさせられたらどんなに恥ずかしいのか想像をして何度も抜いてしまいました

中学生時代のこと 投稿者:とも(7月11日(月)23時47分27秒)
はじめまして
このような部屋があり、皆さんの書き込みを読ましていただき、自分の事もと
思い書き込みさせていただきます。

もう45年ほど昔、中学に入った頃から虐められっ子立ったのですが
いつの頃からか性的なものへと変わっていき、裸になることやオナニなども公開でやらされていました。
フェラという言葉すら知らない頃でしたが
いじめっ子達のを咥えたりもしてました。
ある日の放課後、いじめっ子達に連れられて公園に行くと
小学高学年の男の子達がボール遊びしているのを見ると
いじめっ子達がひそひそ話し始めました。
そのことに嫌な予感が。
「ズボンのファスナーからチンポを出して歩け」
「隠すな」
と命令されながらワザと子供達の中を歩いてトイレまで連れて行かれました。
当然子供達はこの変態行為に「チンチン出してる」と。
後ろから付いてトイレに。
トイレに入ると、いじめっ子のベルトを外しながら、いじめっ子の逸物を
握り、「おしゃぶりさせていただきます」と声かけし、口の中に。
子供達の視線を感じながらしゃぶっていると
「チンチン咥えてる」

「汚な」
「変態」
との声が聞こえてきましたが、自分自身衝動、衝撃を感じビンビンにしてました、。

おいしいおかず 投稿者:リク(7月11日(月)10時36分55秒)
被害者が自殺に至ったケースはほとんどが報道自粛になるものだが、十数年前に関東地方の中学で大きく取り扱われた事件の卒業生と、先日知り合いになる機会があった。
何でもいまだにその事件に関して生徒の中では様々な言い伝えがあるらしくて、「伝説の理科実検室」というのがあるらしい。
当時の報道では「中3男子に性的いじめ」とだけ公表されたが、被害生徒は自習時間中に無理矢理机の上に立たされ、両手をひもで縛られた上に実検室の天井に張り巡らされたスプリンクラーのパイプに固定されたそうだ。
そしてクラスメートの男女が見守る中、ジャージのズボンが下げられ続いてパンツを脱がされ性器を露出されたというのだ。
事件が事件なだけに、あくまでも伝説と前置きしながら、更にピンセットやゴム手袋を使って代わる代わる複数人が被害者の性器をもてあそんだということが、まことしやかに言い伝えられているらしい。
それ以上は詳しく聞かなかったが、話の途中から不謹慎ではあるが勃起してた(笑)。
両手ばんざいで中3の男子生徒が中吊りの格好でクラスメートにパンツを下げられる。
思春期の少年にとってそれだけでも耐え難い屈辱だったはずなのに、更に未開発の敏感な
若芽を覆っていた包皮を無理矢理ピンセットで剥かれ、机のかどに触れただけでも反応してしまう年頃の男の子が、無反応であったはずは無く…。
クラスメートの居並ぶ目の前で激しく変貌を遂げていくソレは、もしかしたらおへそを打ち付けるくらいまで最後は屹立してしまったかも。
女の子みたく腰をかがめて前のめりになっても、そのたびに不良どもに抱えあげられて女子生徒の顏前に晒された可能性だってある。
大きく足を左右に開かされて固定されたのかもしれない。
腰を前に突き出され、ゴム手を装着した同級生たちに猛スピードでしごかれた時、少年はどんな声を上げたのだろうか。
年齢的にもまだホルモンバランスが中性的な年代で、女性のような仕草を見せる年頃だ。
暴徒と化した連中に、「精子飛ばすまで許さねえぞ。」くらいは言われたはずだ。
腰を最大限にくねらせて声を裏返して涙ながらに不良たちに懇願したのだろうか。
ギャラリーの中に、勃起している男子生徒はいなかっただろうか‥。
そして心の内面とは裏腹に押し寄せてくる生理的快感についに打ち勝てず、誰にも見せたことの無い中学生男子がもっとも恥じらいとする瞬間を皆に披露してしまったに違いない。
単なる俺の妄想であってほしい、と思う反面その日の晩はこのネタをオカズに何度も抜けた(笑)。

連絡の取り方がわからないのでえ 投稿者:みんなのおもちゃ(7月8日(金)11時10分03秒)
SMも女の方を僕がやります。おなべさんは僕を調教してください。男の方で。何時か連絡ください

連絡の取り方わからないので 投稿者:みんなのおもちゃ(7月8日(金)11時04分26秒)
もし願望が叶うなら、国籍問わず、おなべの方大勢の中で紅一点。性行為も後交代したい。僕を抱いてくれるおなべの方。出来れば筋肉質で。もしいつか願望が実現する日が来れば連絡下さい。

中1のとき 投稿者:まさやん(7月5日(火)11時23分39秒)
中1の時に昼食時に熱いお茶を股間に思いっきりかけられたことある。
その後は保健室でフリチンなって応急治療された
ズボン越しだったから軽度の火傷で済んだ

こうすけさんへ 投稿者:きりん(7月5日(火)07時19分10秒)
短文だろうが長文だろうが気にしません。続きを楽しみにしているから。がんばって!

みんなのおもちゃ 投稿者:気分直しのサンドバック君(7月4日(月)16時50分40秒)
族から僕にご主人様数人がが与えられる事に成り、忠実な奴隷になる様に言わました。誰に何をされてもヘラヘラ嬉しそうでしたし、下手すると快感に感じている変態だと思われていましたし、遠慮は無用のメンバーのおもちゃでしたので選ばれたんだと思います。メールアドレスを教えました。そして数日後そのアドレスにメールが到着し、8時に○○へ来い、の命令が下され、その待ち合わせ場所に行き、車に乗せられ、高速を二時間飛ばし、その後山道を一時間ほど走りました。その車中には6人のご主人様が乗っており、二人から肩を抱かれ「これから宜しくな」と言われました。そしてアジトの一キロ程手前で車から降ろされ、服を全て脱がされ全裸にされました。服は車の中に。勿論カギを掛けられ自分では取り戻す事が出来ません。その場所に人を運ぶ馬車があり、僕は手綱を口にくわえさせられ三人ずつ、二往復でご主人様を運びました。勿論速度が遅い、方向返還の時には馬用の鞭で指示を出されます。そしてご主人様全員を運び終わった時に、一人のご主人様が「コイツの乗り心地最悪。吐きそうだ」と言われました。そしてもう一人のご主人様に「お前、ナメてるのか?」物凄い音の往復ビンタ何発も食らいました。そして先程のご主人様の所へ3人に連行され正座させられて、頭を踏みつけられ「謝れ」と。僕は只管「ごめんなさい。許してください」と泣きながら連呼しました「どうする、許してやる?」「とりあえず100叩き位で良いんじゃないかな」という事で馬車の馬用の鞭で「ケツを突き出せ」と命令され2人から次々と鞭が飛んで来ました。そして痛みも慢性になった頃に「もう見飽きた」とようやく許して貰いました。僕はその後も「許してください」を連呼続けました。そしてご主人様がお酒で楽しまれだしました。僕はそこで立たされお酌やタバコに火をつける、そして舌を出し、火を消して貰い口に中に吸殻を捨てて貰う。偶に火のついたまま、口の中に放り込まれ、自分で口の中で必死に消す時もあります。という任務を与えられました。でも気付くのが遅く遅れると、体にタバコを押し付けられその他のご主人様も次々と押し付けられます。悶絶してる僕に「本当に俺達が怖くないのか」と6人のご主人様踏みつけられ蹴られ、「許して下さい」と泣き叫ぶしかありません。そしてその後ご主人様が睡眠を取られますので、虫取り専用の油を体全体に塗られ、吊るされ夜明けまで蠅取紙の役割を果たしました。そして夜明けご主人様は一旦帰るという事で昨日と同じ様に馬車で、車まで全てのご主人様を運び、帰ってくるまアジトの掃除をする命令が下されました、そして一生懸命掃除しましたが、馬車の運び方も治っておらず、全く掃除も出来ていないという事でゲンコツが飛んで来ました。フラフラと別のご主人様の所へ寄りかかると蹴りが待っており、又別のご主人様の所へ寄りかかるとビンタが待っています。とうとう倒れてしまった僕はフクロにされた後、便所に連れていかれ、便器を舐め大便器に顔を突っ込まされ踏み付けられ、水で流されました。最後に6人から3人づづ小便を頭から掛けられました。その後は何時か許して貰える事を信じ夜明けまで、只管便所の物を全て舐め続けました。
そして夜明け。「お前この件秘密だったな」とご主人様に言われた後、蹴られて倒されご主人様全員に顔や体中を踏みつけられている、記念写真。後ろで手錠を掛けられ、正座しながら火のついたローソクを口に加えている姿。もう一度小便を全員にかけられ目が開けられない表情。の写真を撮られ「もし逃げたらこれをそこら中に巻くからな」と言われました僕は「そんな。それだけは許してください。その為にこれからもどんな痛み、辱めにも耐えていきます・お願いします」と只管土下座を続け頼み続けました。これで永久に逃げる事の出来ない囚われの身の家畜が確定しました。僕の変態ぶりをバラされない為言いなり絶対服従の奴隷に徹しました。命令メールにも絶対に服従しました。行かないと僕の変態をばらされます。
これで第一回飼育は終了です。小便だらけの体は水たまりで洗い落す事を許され、最期の馬車でご主人様を全員運び、車で服を返され、三日ぶりに全裸では無くなりました。
その後も幾度も命令のメールが到着し、第二回。三回の飼育を同じ要領で全く人気の無いアジトで行われ悲鳴を挙げ、泣き叫びました。ご主人様に何度も言われましたが、僕は頭が悪く痛みを与えられ要約理解できる、正しく豚や牛と同じ家畜なんだそうです。何回か飼育されているうちに、幾らリンチされても治らない僕に「当裁判所はお前を家畜以下の生き物だとみなし、死刑を言い渡す」と首吊用のロープを渡され、皆様が見守る中、自分で執行する様にいわれましたが、ロープを首に掛けるまでは出来たのですが、それから後が怖くて出来ず、恒例の「ご免なさい。許してください」がj始まりました。皆様聞き飽きたと許してくれません。僕は何とか許して貰える様に大きな声で歌い出し、裸踊りを披露しました。それが却ってご主人様の気分を害し、大リンチが始まりました。正しく半殺しです。鼻血を出し、ヒクヒクして虫の声で「ごめんなさい。許してください」と言う僕を「逆さ磔、無期限放置」の刑に変更して、許そうという事になりました。絞首刑に使うはずだった木に両足を縛られ、両手を広げて木の棒に固定されました。僕は逆さ磔中「ありがとうございました。。この御恩はこれからどんな厳しい罰でも耐え抜いていきます」と死刑を回避し見物にれたお礼を言い続けました。その頃は「面白い奴が居る」とご主人様のスケも何人か見物に来ていました。ただ、僕はリンチされ体も顔も汗でテカテカの泥だらけでばい菌そのものでしたので、スケに体を触ってもらうどころか気持ち悪がられ話しかけて貰う事も出来ません。僕が逆さ磔にされている時一言「可哀そうに」と呟いただけです。僕の哀れな姿を酒の肴代わりに見物して頂きました。僕が逆さ磔中、御主人様とお酒を楽しんでおられました。今そのメールが来なく成りました。今度は飼育して貰えなくなった家畜の哀れさを身に染みています。柱にペニスを擦り付けてイッタり、自分でチン毛を剃ったり、夜中全裸で一人で道を歩いたり、自分で何とかしようと、必死ですが収まりません。この哀れな家畜を飼育し直してくれるご主人様お願いします。十代の頃のあどけない、飼育しがいのあるマスクの時の話です。ご主人様は僕も含めて早い時期から酒もタバコもやるはみ出し者不良の同級生でした。不良になったくせに、下っ端しかやれない何をされてもいつもニヤニヤ嬉しそうな僕は同級生でも身分が全く違います。この位の扱いで当たり前なんです。

掲示板に公開しますが 投稿者:気分直しのサンドバック君(7月4日(月)16時32分32秒)
出来れば無国籍でやりたいので、関係者以外には内密にしてほしい。個人的にメールアドレスで連絡ほしい。僕の子供の頃からの夢はリンチの責めにのみ耐えられる強靭な肉体に鍛え上げ、生涯いじめられるだけの人生を送りたい

添付ファイル付きでおくりましたが 投稿者:konn(7月4日(月)14時34分05秒)
オーナーにメールを送りましたが、到着しているか分かりません。気が向いたら連絡ください

隣の家の少年 投稿者:こうすけ(7月4日(月)01時31分47秒)
すいません。思ったよりも話が長くなりそうです。短くまとめる技量が無いみたいです。
長文はダメですよね。迷惑なら消してください、オーナー様。
あと斎藤さん、コメントありがとうございます。

隣の家の少年 投稿者:こうすけ(7月4日(月)01時25分21秒)
「へえ〜、お前がコウスケか」
いきなり怒鳴られると思ったが、意外と普通の声だった。でも巨体だし、顔も怖かった。
ヤクザ男はマモル君に服を脱ぐよう命令した。俺はビックリしたが、マモル君は既に
そうなることを知っていたようで、俺から目を背けつつも素直に服を脱ぎ始めた。
ズボンを脱いでパンツ姿になった時には恥ずかしそうに躊躇するような仕草を見せたが、
ヤクザ男に「早くしろ」と一喝されると、あきらめたように俺の目の前でパンツを素直に
下げたのである。
後で聞いたことだが、マモル君が俺を家に誘うのに失敗した時には、罰として今度は
庭ではなく、家の前に全裸で放り出すと脅されていたとのことだった。それが嫌だった
マモル君はダマしてでも俺を家に連れて来る必要があったのだ。
「ホラ、見たかったんだろ。じっくり見ろよ」
呆然としていた俺にヤクザ男がそう声を掛けて来た。この瞬間、やはりバレていたのだ
と確信に変わった。でも、この状況でマモル君の裸体を観察する勇気は俺にはなかった。
「オイ、お前からもお願いしろや!」 ヤクザ男がマモル君に怒鳴った。
「は、はい。コウスケ、見て下さい」
「もっと、しっかりお願いしろ!」
「す、すいません。コウスケ、お願いだから見て下さい」
頭が混乱しつつも、これはマモル君への罰であり、少なくとも俺自身に危害が加えられる
ことは無いようだと思った俺は少しづつ落ち着きを取り戻していった。そうなると、目の
前で気を付けをしているマモル君の裸体に、いやでも目が行ってしまう。
1つ年上のマモル君の背は俺よりも10cmは高く、体つきも一回りは大きかった。
ちなみに顔はカワイイ系で、小学校の時は女子受けも良かったことを覚えている。
そして、その股間には少しだけ黒い毛が生えていた。「中2ならそうなんだ」と俺は
思った。
それからその廻りに目が行ったのだが、チンポ自体は俺と同じぐらいの長さだったが、
少し太かった。もちろんキンタマがぶら下がっているのも見えた。
少しばかり時間が経ったあと、ヤクザ男はマモル君にそのまま庭に出るように命令した。
いつもより時間が早くまだ外が明るかったのでマモル君は泣き顔になったが、ヤクザ男に
無視され、そのまま外に連れ出された。
もっともマモル君の家の庭は、まわりの家などからの死角になっていて、直接覗けるのは
隣の家の俺の部屋の窓ぐらいだった。
ヤクザ男は全裸のマモル君を庭に出した後、こちら(俺とヤクザ男の方)を向かせ、
また「立たせろ」と命令した。その言葉を聞いたマモル君の顔が羞恥に歪んだ。

隣の家の少年 投稿者:こうすけ(7月4日(月)00時41分39秒)
学年が違うので日頃はほぼ出会うことのないマモル君に翌日、それも1年生の教室前で
声を掛けられた。わざわざマモル君は俺が通るのを待っていたようだ。実際、話すのも
随分と久し振りになる。
マモル君は開口一番、今日の夕方に家まで来て欲しいと言ったので、俺はビックリして
とりあえず断りのセリフを口にした。
きっと昨晩の件でヤクザ男に怒られ、俺まで何かしらのお仕置きを受けるのだと思った
からだ。それに目の前にいるマモル君に対する罪悪感もあり、俺はとにかく誤魔化して
この場から逃げることを考えた。
でも結局「ヤクザ男は家にいないし、とにかく来て欲しい」と半泣きで懇願されたので、
行かないわけにはいかなくなった。中学校で先輩に逆らうわけにもいかないし、それに
あまりに拒み続けると、俺が後ろめたいことをしていることがマモル君にバレてしまうと
思ったからだ。
迷ったが放課後、マモル君の家に向かい、玄関のチャイムを押した。ほぼ2年振り
ぐらいになる。
すぐに出て来たマモル君の悲痛な表情に嫌な予感しかしなかったが、強引に奥の庭に
面した座敷まで通された。そして、そこにヤクザ男がいた。
「やっぱり」という思いと、後悔の念それに、マモル君にダマされたという気持ちが
巻き起こった。
でも逃げられない。まだ特に何もしていないのに、とにかく目の前のヤクザ男が
怖くて足がすくんでしまうぐらいだった。

隣の家の少年 投稿者:こうすけ(7月3日(日)02時03分58秒)
隣の家との境界は低いフェンスと植込みで、俺は植込みに身を隠すようにしながら、
マモル君に近寄って行った。
その時マモル君はヤクザ男に殴られながら、何かを強要されているような様子だった。
「すいません。ゆるしてください」なんて半泣きの声も聞こえてきたが、俺には
何を強要されているのかは分からなかった。
やがてマモル君はヤクザ男に無理やり俺のいる方に向かされると、股間を隠していた
両手を離され、それからヤクザ男に「たたせろ」と命じられた。
まだ中学生になったばかりだった俺には、そのヤクザ男の言った「たたせろ」の意味が
すぐには分からなかった。「マモル君は立ってるのに・・・?」という感じだった。
それより俺はマモル君のチン毛を見極めようとしていたので、マモル君が自分の右手で
チンポを持ったとき「手がジャマだなあ」と思ったぐらいだった。
マモル君はヤクザ男にまた許しを請うていたが、もちろんそんなことが通じる相手では
ない。威圧感だけでも物凄いものがある。
すぐにあきらめた様子のマモル君は、右手で自分のチンポを揉むように動かし始めた。
薄暗い中でも、マモル君の表情が羞恥に歪んでいるのが分かった。
一方の俺はマモル君が何をしているのか、いまいちよく分からなかった。おそらく
「勃起させようとしている」のだと俺は思った。「人前で勃起チンポを見られる」のが
その時、俺が思いつく最高の羞恥行為だったからだ。でも性的に奥手だった俺は
自分で勃起させる行為を行ったことがなく、いまいち確証が持てなかった。
いずれにしても見ていれば分かると思っていたら、突然「こうすけ〜、風呂沸いたよ〜」
という母の声が背中側の頭上で聞こえた。
ビックリした俺は、かといってその場で返事することもできず、その場を離れ、
泣く泣く自分の家の中に帰るしかなかったのである。「風呂に入れ」と言われ、仕方なく
急いで風呂を済ませて2階の部屋に戻った頃には、隣の家の庭には誰もいなかった。
俺は決定的瞬間を見逃した、とても残念な気持ちになった。と同時に、あれで俺が
覗いていたことが2人にバレたのでないかという恐れの感情も抱いたのである。

隣の家の少年 投稿者:こうすけ(7月3日(日)01時26分55秒)
それから毎晩、部屋の窓から隣の家の庭を覗くのが俺の日課になったのだが、それから
1週間も経たないうちに2回目の機会が訪れたのだ。
今度は最初から見ていたので、全裸で外に出されるのを嫌がって必死に謝っている様子の
マモル君が、ヤクザ男に突き飛ばされるようにして庭に出て来るところをバッチリ見る
ことが出来た。
残念ながらマモル君は俺に背中を向けるまでは、両手で股間を隠すようにしていたので、
俺が見たかったところは見ることが出来なかった。
それからヤクザ男に「隠すな」と一喝されたマモル君は両手を離して、先日と同じ場所に
立たされることになった。
その日は結局それだけで終わってしまったが、そんなことが頻繁に続くうちに、慣れも
あって、だんだん俺は大胆になってきた。
初めの頃こそ俺の存在を知られないように、部屋の照明を消し窓も閉めてカーテンの
隙間から隠れて様子をうかがうようにしていたが、5回目ぐらいには照明もつけたまま
カーテンに隠れることもせず、結構堂々と覗き見るようになっていた。
そんな俺の存在に、おそらくマモル君もヤクザ男も気が付いていたのだろう。
ヤクザ男はただマモル君を全裸で立たせるだけではなく、半泣きで嫌がるマモル君に
両手を上げさせたまま庭を歩き回らせたり、体操のような動きを命じたり、小便をする
ように命じたりし始めるようになった。
なのでマモル君の股間も自然に露わになり、チンポやキンタマが揺れたりしている様子が
遠目で薄暗いながらも、俺の目で判別できるようになっていた。
だが俺は1つ満足できない点があった。それはマモル君にチン毛が生えているのか
どうかがよく見えないということであった。俺は他人のチン毛が非常に気になる年頃で、
本当に不謹慎ながら、こんな状況とはいえマモル君のチンポに毛が生えているのか
どうかが気になって仕方が無かった。
ある日、俺は2階からではなく可能な限り近くで見たいと思い、マモル君が外に
出されたタイミングで1階に降り、そっと家の外に出て、隣の家との境界に近寄って
みることにした。

あの頃に戻りたい 投稿者:エム猿(7月2日(土)21時16分17秒)
何方か僕がリンチ志願して、族の下っ端に入れて貰い相手して貰った時代の話を秘密で聞いて頂ける方お願いします。専用のメールアドレスも有ります。

こうすけさん 投稿者:斎藤さん(7月2日(土)17時43分53秒)
いい感じですね。
続きどんどん書いちゃってください。
返信なくても楽しみにしてますから。