ゲイへの道!あなたの初体験



 部屋を出る

この部屋のアドレス:014 Maison de Mike, City Center, METROPOLE21

この部屋のオーナー:りょうさん(クリックするとメールが出せます)

<オーナーのメッセージ>
ゲイとしての初体験や、自分はこの出来事がきっかけでゲイの道に入ったと言う体験をお願いします。


オーナーコマンド(この部屋のオーナー以外は使用できません)

パスワード:     


この掲示板は18歳以上のゲイまたはバイの男性が利用することを前提にしています。それ以外の方のご利用や、援助交際を求める内容の書き込み、宣伝行為は固くお断りいたします。

ペンネーム: メールアドレス:(省略可、スパム対策済み)
タイトル: 削除パスワード:(後で削除するときに使用)

メッセージ:(一度も改行せずに書き込むと自動改行されます)



トモヤさんの体験 投稿者:シンジ(8月25日(木)16時37分59秒)
相手が後輩だったことを除けば、僕の初体験とソックリです。
同じように「お泊り」で経験した人は、多いんじゃないかなあ。
当時を思い出して、興奮しました。

同級生と 投稿者:トモヤ(8月25日(木)12時42分06秒)
高校時代のことです。
両親が法事に行って家に誰もいないので泊まりに来ないか?って同級生の友達を誘いました。
以前から何回か泊まりに来たことはあったけど、
だいたい夜中まで女や音楽の話などで盛り上がってましたが、
その日はなぜかいつもと違ってました。
そろそろ寝よっか〜って言って、
友達と私はいつものように並べた布団に入りました。
電気を消してもう少し話をしているとどんどんエッチな話に…
友達はいつのまにか私の手を握ってて、
最初はいやだったのですが、不思議となんか変な気持ちになって
恥ずかしいやら緊張するやらで、友達も私の方を向いて、
なにやらたくらみのある目をしていました。
お互い彼女がいて童貞は卒業しているから、妙な行動は起こさないだろうと
思っていましたが、心臓はどきどきしています。
その時友達が私のドキドキに気付いたのか、
私の胸を触ってきて、
「男同士なのになんでドキドキしてるんだい?」
と聞いてきました。
「もしかしてスケベな事考えてるんじゃないの?」
どんどん友達の追及がエスカレートしてきます。
「ホモって気持ちいいと思う?」
「してみようか?」
私はどう答えていいかわからず、恥ずかしくなりましたが、
突然、友達が私の股間をわしずかみして、チンポを揉んできたのです。
思わず「あっ」って声がでてしまい、友達は
「男同士でも感じるんだ。」
暗くしてても、意地悪そうな表情がはっきりとわかりました。
そのまま流れで友達は彼女にされていることを、
教えてくれるように、やさしく下から持ち上げるように金玉を揉みながら、
「彼女はこんなふうにやさしく触ってくれるの。」
私はいつのまに体中の力が抜け喘ぎ声が出ていました。
それを聞いて友達はさらに攻めてきました。
そして友達の唇が私の首筋を舐めてきました。
私はあの舌の熱さというかぬくもりでより快感を
感じるのですが、はっきり言って彼女よりうまいくて、すごくいやらしい。
そして友達の唇が近づいてきて、軽くキス。
友達の舌はまず唇を舐めてきて、私が舌を出すとそのまま舌をからめてきました。
もう私の体は止まることを忘れ、私も友達の股間、チンポを触っていました。
しかし負けじと友達も私のパンツの中に
手を入れ、ビンビンのチンポと金玉を指先で触ってきました。
どんどん私は頭がボーっとしてきています。
「これ以上されるとイっちゃうよ〜。」
触り方も男同士のためか、どう触ると感じるかわかっているようで、
彼女から触られるよりも数倍やさしく、そして気持ちよく、
もう私は絶頂を迎えそうになっていましたが、友達はすぐに亀頭を触っている手を止めました。
「俺より先にイっちゃだめだからね」
と言いながら、いったんチンポから指を離し、またキスをしてきました。
友達の舌は休むことをしりません。
どんどんと首筋を下がっていき、私の股間へ。
舌の温もりが私のチンポに達し、ときに激しく吸ったかと
思えば、ゆっくりゆっくり舐めまわしています。
「もうイきそうっ・・・」思わず叫んでしまい、友達の口の中でイってしまいました。
女のフェラより男の尺八ほうがより男は感じやすい、と言いますがまさにそのとおりです。
とにかく女より荒っぽくなく、やさしく、ホモって思っていたより感じる。
もう女なんて、って思うくらいです。
今度は立場を逆にして、私が攻める番です。
私が友達に覆い被さり、友達にされたことと同じように、
キスして首筋、そして股間へ舌をはわせていきました。そしてチンポへ。
パンツの上から、亀頭の形を確認するかのように、竿を
軽く撫でながら、亀頭も撫でていきました。
友達も始めは笑ってたけど、だんだん目をつぶって何も言わなくなりました。
感じてきたかな?、と思った私は爪を立て、
やさしくパンツの上から亀頭をなぞったり先を指でつっつきました。
友達が目を閉じてせつなそうに顔をしているのを見て、
私も少しいじめてやろうと思い、パンツの間から指を突っ込んで
ビンビンに勃起しているチンポを触ってみました。
友達が目を閉じたまま
「うますぎるよ…すごく気持ちいいよ」って言われて、
「もっと気持ちなるよ」って答えました。
すると友達はとても小さい声で、「チンポを舐めて」と言ってきました。
私もいじめてやろうと思っていたので、迷わずパンツを脱がし、
まず亀頭だけを吸っていきました。
「あっあっ・・・気持ちいいよ」
友達もだんだんその気になってきたのか先走りもかなり出てきています。
それでも私は吸い続けました。
「んッ・・・」
「我慢しなくて声を出してもいいんだよ」
まだ少し我慢してるようだったので、一言いうと、一気に喘ぎ声が大きくなりました。
もうだいぶ恥じらいもなくなってきて、自分から腰を突き出してきます。
私は指をお尻の穴に友達の反応を確かめてからゆっくり中指を入れていきました。
ここからは友達にされたことをそのまま実行しました。
指がある程度入るとゆっくりかきまぜるように動かします。
とにかくゆっくりゆっくりじらすように・・・。
その時はすでに友達は体を反り返らせ、シーツをつかんでいます。
もう何を言っているのかわからなかったので無視して、チンポをしゃぶりながら指を動かし続けました。
お尻の穴もかなりほぐれてきたので指の先をちょっとだけ曲げて
前立腺にあたるように小さくこきざみに動かします。
なぜか私も友達にされていることを思い出して、再び勃起してきました。
どんどん指の動きを早くしていきます。
すると友達の喘ぎ声も指の動きにあわせるように早くなってきます。
友達は「もうだめ、もうだめ〜っ」って何回も叫んでいます。
「大きな声でイクって言ってごらん」
「イク〜イク〜っあああ〜っ」
いつもおとなしい友達から想像もできないくらいの喘ぎ声で、
友達も私の口の中でイってしまいました。

旅行先で 投稿者:20代の頃(8月23日(火)12時38分08秒)
独り旅が好きで、休みの度にぶらっと旅行します。
男の世界を知ったのも旅先でした。
旅館の食事処で相席になった同じ独り旅の親父さんに
部屋に誘われ勧められるままお酒を飲まされ、
気がつくと裸にされてチンポをしゃぶられてました。
余りの気持ち良さに抵抗出来ずそのまま親父さんの
口の中に射精してしまうと、そのあと男同士のプレイを
仕込まれました。

お盆休み 投稿者:舅(8月20日(土)08時47分48秒)
私は娘のお婿さんと男同士で交わってしまいました
お盆休みに、娘夫婦が里帰りしてきた時のことです。
妻と娘は、お寺に挨拶に行き、留守でした。
私たちは、昼からビールを飲みながらたわいも無い会話をしてました。
ついつい妻との夜の生活の事までも。
娘夫婦は二日に一回は交わって居る様ですが、私たち夫婦はと言うと
最後は何時だったのか忘れる位無いのです。
婿さんが私の肩を揉んでくれながら
キスも無いのですか?と聞かれると、もうキスなんて無い無いと言い
もう、どんな感じだったかさえ忘れてしまったよ!と言ってしまいました。
すると、お義父さん可哀想と言って私の顔を横に振り向かせて耳にキスをしてきたのです。
私は、いきなりの事に驚くだけで何も出来ずに居たら何故か顔が火照り次第に頭がボーとする感じでした。
婿さんのキスで身体の中に電気が走る感じで居ると、
じゃぁお義父さんはイク事も忘れてしまってるのじゃ無いですか?
と言われて、恥ずかしかったけど頷きました。
すると、婿さんは私の手を取り寝室に連れて行き私をベットに座らせると
またキスから始まり、服を脱がせ始め、私の乳首に愛撫をして一方の手は股間を触り出しました。
そこはダメと抵抗はしたのですが、お義父さんはじっとして私に任せてと続きました。
指はお尻の穴を触り、そして中に入ってきました
もうその頃には、頭はクラクラしてて、久々に勃起を経験し、喘ぎ始めて居たと思います。
その内に妻にもしてもらったことのない、フェラをされて婿さんの口の中に逝かされててしまいました。
そのあとには交代して、婿さんのチンポをしゃぶらされて、精子も飲まされました。
こんなに精子出したのは何十年ぶりだったのか思い出せ無い位の快感でした
そして、男の愛撫があんなに柔らかく気持ちが良いものなのかと思いました。
その日は、そこまででしたが、翌日、二人で車で外出しモーテルに。
そこで、初めて男同士のアナルセックスをしました。
最初は、私がオンナ役で次に交代して婿さんがオンナ役に。
婿さんとは今後もよい関係が続きそうです。

目撃して 投稿者:マル(8月9日(火)23時52分23秒)
もう5年も前のこと。
俺がゲイの世界に入ったきっかけの話です。
夏の高校野球を見てて思い出しました。
俺の家は離婚した父親と三歳年上の兄と俺の3人。
お父ちゃんは水道工事会社を経営しててました。
兄が高校2年(野球部)、俺が中学3年(水泳部)で毎日学校、部活、
家の往復という単調な生活を送ってました。
夏休みに入る前のこと。
俺が学校から帰ると父が「お帰り、T(兄ちゃん)はまだか?」
俺「うん」
父「ほんなら、帰ったら事務所に来いゆうといてか・・・」
俺「わかった」
父「8時頃から飯食いに行こうか、先、風呂入っとけな!それと、叔父さん
とこに行って部品もらってきてな!」
俺「了解」
17時過ぎでまだ外は太陽が高くムシムシと暑い日でした。
しばらくして兄が帰ってきました。
俺「兄ちゃん、お父ちゃん呼んどったで!」
兄「ん?ああ・・」
俺「また進路のことなん?」
兄「ああ?そうなんかな・・・」
真っ黒に日焼けしてユニフォームのまま帰ってきた兄は、バッグを抱えて家の隣の
事務所がある倉庫の2階に上がっていきました。
俺は叔父さんの家にいくため着替えて自転車に乗って家を出ました。
7時半頃家に戻ったら、家は暗く倉庫の2階だけ電気がついてました。
兄にまたDVDを借りようと倉庫の事務所に上がっていきました。
ドアを開けると誰もいません。
でもタバコの煙が漂っていて、さっきまで父がいたようですが・・・。
奥の部屋(座敷)からゴソゴソ、誰かの話し声がしてます。
驚かせてよろうと思って、座敷の扉にそっと近づき耳を澄ましました。
中から、「ハフッ!はああああああああッ!ピチャ!プチョ!」
なんなん!?
本能でなにかただ事でないことが分かりました。
心臓がバクバクして、座敷の隣の部屋に入ってガラス扉からそっと覗きました・・・。
座敷の中では兄がユニフォームを着たまま台に座って、あろうことか
父が兄のストッキングに顔を押し当てて、「フォガッ!スーーーーッ!お、お前、
今日はまた濃いなッ!」
兄「・・・」
兄は口を半開きにして冷房もかかっていない部屋で汗だくになって、父のなすがまま。
な、なにしとん!?
俺も流れる汗が目に入って腕で拭いながら二人の”行為”を覗いてました。
この後、兄の体が父親に弄ばれることに・・・。
確か兄には2年付き合ってる彼女もしるし、お父ちゃんも別れたお母ちゃんと・・・。
続きはまた時間できたら。

友達に誘われて 投稿者:まさひこ(8月8日(月)16時36分54秒)
学生時代に、同じクラスの友達に誘われて
その友達の知り合いのおじさんのマンションへ行きました。
そのおじさんのマンションには、当時はなかなか手に入らない
アメリカのエロビデオが沢山あって自由に見せてくれるというのです。
但し見るには裸になることが条件でした。
友達は、何回か来ているのでためらいもなく裸になり、
私も誘われるまま裸になりました。
暗い部屋にはおじさんの他、もう一人男の人が居ました。
無修正ビデオが始まると、初めてなので興奮して口の中はカラカラで
チンポもビンビンに勃起してしまいましたが、夢中で画面に見入ってました。
すると、友達の喘ぎ声が。声のする方を見るとおじさんが友達のチンポを
しゃぶっていました。
そしてもう一人の男の人が僕のチンポに手を伸ばして来たのです。
もう何も抵抗出来ないで男の人にチンポをしゃぶられました。
友達は、四つん這いでお尻におじさんのチンポを入れられていました。
そして僕も二人のおじさんに交互にお尻にチンポを入れられ、
精子を飲まされました。



中学1の時 投稿者:たかし(8月5日(金)22時11分08秒)
中学1の時、友達に誘われて夜の公園に行きました。
友達は短パンにティシャツで草むらに座れると僕に
告白してきました。彼は僕の事が好きで抱かれたいと
言ってきました。最初は返答に困ったけど彼は真剣で
僕は彼を抱きしめてました。彼はその場で短パンを脱ぎ
初めて人の勃起したちんぽを触りました。ちんぽを扱くと
気持ち良いと言って、あっ出ると言って射精してました。
僕は初めて人の精子を見ていると僕もいつの間にか勃起
してました。彼が今度はと僕のズボンとパンツを脱がして
彼が僕のちんぽを触りしゃぶり始め僕は初めての快感に
またまた精子も出した事無いのに駄目と言って、射精して
僕はあっーと言って、オシッコとは違うものまで出してました。
僕は身体をビクビクさせて身体が痺れてました。彼は僕を
抱きしめてキスしてきました。起き上がると彼は家に誘われ
彼の家に着くと一緒にお風呂に入り身体を洗いあいました。
彼の部屋に入るとすぐ裸になると抱きあい僕も初めて人の
ちんぽをしゃぶり、彼が僕のちんぽにゴムを付けるとお尻の
穴に入れてと言って、僕は初めて入れてました。彼の穴は開
いて、すぐに入って、気持ち良いのか彼が女の子みたいに
アンアンと言って、悶えて僕はすぐに出ると言って逝きました。
今度はと僕に言って、彼のちんぽを僕も穴に入れてきました。
僕は初めて人のちんぽを入れて最初は痛い痛いと言って、彼が
ゴムを外すと余り痛く無く入ってきました。彼が優しく動かして
なんか気持ち良くなって、僕もあっいいと悶えていると彼の動き
が激しくなって、あっイクっていうと奥に熱い物を感じて
中に出されて、僕も3度目の射精してました。僕は彼に童貞と処女
を奪われてました。それ以来毎日アナルSEXして公園で
やりあっていると自然に知り合いも増えて、おじさんとかに
抱かれてました。もちろんお尻も使い色々なちんぽを入れて
貰いました。最高は8人とやって友達も身体中に精子を
掛けられてました。僕と彼もお尻から精子を垂れ流して、僕達
も3、4回位イキまくりました。それでも若いからすぐ
勃起してその度にお尻とか口の中に出されてました。
今は高校生になって、ちんぽは毎日剃毛して包茎だけど
おじさん達に毎日、抱かれています。

管理人さん 投稿者:学生(8月2日(火)13時01分20秒)
引っ越して来てまもない頃、
アパートの管理人さんに食事に誘われた。
一階の管理人さんの部屋へ行くと、隣の部屋のAさんも居て三人で
ビールを飲みながら鍋をご馳走になりました。
酔わされて寝てしまい目が醒めると、すぐ横で管理人さんとAさんが
全裸になり69でお互いのちんぽをしゃぶり合ってました。
二人は私が目を覚ましたことに気づくと、今度は二人係りで
私は服を脱がされ、Aさんに後ろから乳首責めされ管理人さんに
ちんぽをしゃぶられたのです。
そのまま、管理人さんの口の中に射精までイカされると
次に二人のちんぽを同時にしゃぶらされました。
そしてまずは管理人さん、次にAさんと二人にお尻の穴に
ちんぽを入れられオンナにされました。



去年の夏休み 投稿者:就活生(7月28日(木)10時50分23秒)
ちょうど1年前のことです。
バイト先の店長に誘われて一緒に飲みに行きました。
店長の奢りだったので、かなり飲まされて気がつくと
ベットの上で裸で寝かされてました。
店長も裸で私の股間に顔を埋めてチンポをしゃぶってました。
私が目を覚ましたことに気づくと
「ごめん、前から好きだったんだ。寝てしまったので我慢できなかった。」
と言いながら体の向きを変えて、私の顔の前にチンポを突き出してきました。
店長のチンポは既に勃起して先からは透明な汁が溢れてました。
私は何が何だかわからないうちに、思わず店長のチンポを口に入れてしまいました。
そして、その日店長にオンナにされたのです。
今では、完全に女装子として生活しています。


出張先で 投稿者:営業リーマン(7月26日(火)13時43分11秒)
仕事柄、出張が多く月の半分は全国を飛び回ってます。
宿泊はビジホが殆どですが、疲れを癒すために時には
大浴場のあるサウナに泊まります。
私が男を知ったのもそんなサウナでした。
取引先との会食後戻って深夜にサウナへ行くと
先客が一人居ました。
スチームサウナの中で世間話をしているうちに
体に触れられ、チンポを握られ、キスされました。
そして、そのままフェラされてイカされてしまいました。
それ以来、徐々に男の世界にのめり込んでしまいました。


小学4年に銭湯で 投稿者:じろう(7月24日(日)17時43分23秒)
小学生の頃か、ひょっとしたら幼稚園の頃から男にしか興味が無かったかもしれない。
プールや海に行っても男性の海パンの膨らみにしか目が行かないし、放課後や休日は、
クラスメイトを自宅に呼んでは、チンポを比べ合ったりしていました。
小学4年生頃からは、夜な夜な男性のチンポを思い浮かべながら、自分のチンポを
勃起させては、しごくようになりました。
この時期はしごいても、まだザーメンも出るような年齢ではありませんでしたが、
しごきすぎていたせいか、まだ陰毛も生えていないのに、小4なのに、チンポはかなり
太く大きく、黒ずんでいました。
自宅に内風呂が無かったので、銭湯に一人で通っていたのですが、いつも他の男性の
裸をきょろきょろして見ていたので、同じ性向(ホモ)の男性達には、この男の子は
男が好きなんだな、と見抜かれてしまっていたようでした。
私が一人で来たことがわかると、見知らぬ男性から声をかけられ、ぼくちゃんチンポ
大きいね、おじさんに見せておくれ、などと言われては、奥の洗い場の方へ連れて
行かれました。
それだけで、私のチンポは勃起してしまうので、それを見てはそのおじさんも勃起して
興奮していました。
さすがにその場でオナニーするわけにもいかないので、そのおじさんは銭湯のトイレに
入って、射精したようでした。
別な日には、違う人に同じように声をかけられ、ジュースをおごるからと言われて
その人の車に乗せられ、誰も来ない森の中へ入って、下半身をむき出しにされました。
その人も、私の勃起したチンポを見ては興奮し、私の目の前で自分のいきり立った
チンポをしごき射精しました。
こんなことが、内風呂が出来て銭湯に行かなくなるまで、何回もありました。
自宅から歩いて行ける範囲に銭湯が4軒もあったので、毎回、銭湯を変えては、
いろいろな男性にちょっかいを出されました。
まあ、私も幼いなりに楽しかったですけどね。
今にして思えば怖いことなんですけど。
それに、よくよく考えたら彼らの行ったことは犯罪だったのでしょうか。
私も小学生の男子は好きなんだけど、そんなことできないですよね。
、

中学2の時 投稿者:タカシ(7月7日(木)20時55分38秒)
中2の時、深夜の公園で急にオシッコをしたくトイレに
入ると裸のおじさんと若いお兄さんがおじさんのちんぽを
しゃぶりおじさんは少し驚いたりしたけど、僕がオシッコ
をして、おじさんは僕にこのにいちゃんかなり変態でおまえ
のちんぽをしゃぶりたいと言ってきました。僕も裸にされて
お兄さんが僕のお尻にローションを塗ってきました。お兄さんが
僕の穴に指を入れてきました。僕は初めてなのと言って、おじさん
が僕に後ろ向けと言って、硬いちんぽを奥まで入れられて、僕がお尻
が壊れちゃうと言って、悲鳴を上げてました。おじさんは容赦無く、
突いてきました。おじさんが中に出してくるとお兄さんも僕の穴に入れて
きました。その頃にはあまり痛く無く、お兄さんが射精していると僕も
感じてお兄さんの射精と同時に射精してました。僕はおじさんに処女を
奪われ童貞も奪われました。それ以来、毎日おじさん達に抱かれいつの間
にか友達もホモになってました。僕は真性包茎で友達は剥けているので
掘って貰います。高校生になって、おじさん達が包茎手術代を出して貰い
剥けチンになって、一週間はおなにー禁止されかなり溜まって、おじさん達に
抱かれるとすぐ射精してました。お尻に入れる前に射精してました。乳首を
吸われると感じて、すぐ勃起して、おじさんにアナルを突かれる度にアン、アン、
と女みたいに悶えてました。おじさんがイクよと言って、僕はアナルにいっぱい
出してと言って、抱きついてました。その間、僕は3回も射精して最後は潮を吹いて
ました。女とも何度かやろと思っても勃起しなくて出来ませんでした。僕は男のちんぽ
が大好きで、お尻を使わなくてもしゃぶるのが好きです。特に精子を出す瞬間が好きで
口の中に出されのが好きです。パイパンちんぽだと最高に美味しいです。

夜中のジョギング 投稿者:30代(6月29日(水)17時55分39秒)
健康とメタボ脱却のため、夜に近くの公園を走ることにしました。
走り始めてちょうど一週間後の事です。
急に尿意を感じて公園の中のトイレへ駆け込むと
男が二人中にいて、一人は立ったまま下半身丸出しで
もう一人がしゃがみ込んで下半身を露出させている男のちんぽをしゃぶっていました。
ビックリしましたが我慢出来ずに、その側の小便器で用を足しました。
男たちは少し驚いた様ですが、そのまま行為を続けています。
私が小便を終えて出て行こうとすると、立っている男が腕を捕まえて
「お兄さん、コイツ凄い変態だろ、もう少し見て行ってよ」
と、言うのです。少し怖かったこととびっくりしたことで
私は固まってしまいました。
そして男に誘われるまま、しゃがんだ男にチンポをしゃぶってもらったのです。
しゃがんでいる男は、まだ若い子で二本のチンポを嬉しそうに同時に口に入れたり
交互に咥えたりとしゃぶり続けてくれました。
そのうち、しゃぶらせていた男がその子を立ち上がらせ
バックからお尻の穴にチンポを挿入しピストンし始めました。
若い子は、口には、私のチンポ、尻にはもう一人の男のチンポと
上下を同時に犯されて、嬉しそうにアンアンと喘ぎます。
私は余りの快感と興奮で、若い子の口の中にそのまま射精してしまいました。
「お兄さん、もうイッたの?」「こら、全部飲むんだよ」
私はそのままジョギングパンツを上げて、そそくさとトイレを後にしました。
「また、来てね。」と後ろから声がしました。
それから、時々あの二人とトイレで会っては、行為に加わってます。



職場の上司 投稿者:バイト君(6月27日(月)13時08分19秒)
バイトを始めて二週間後に職場の上司から
「今日は、ちょっと付き合えよ。」と誘われたのがきっかけです。
食事をご馳走して貰い、その後、バツイチで一人暮らしの上司の
マンションで飲み直すことになり、ついて行きました。 
ソファに並んで座ってAVを見ながら缶ビールを飲むうち
手が股間に伸びてきて、チンポを握られ勃起を確認されてキスされました。
上司の舌が口の中をねぶって唾液を飲まされるとそのまま服を脱がされて
全裸で抱きすくめられて寝かされチンポを咥えられました。
ヌメヌメとした感覚で亀頭を舌で擦られ思わず声を出すと、
「俺のもしゃぶってくれ。」と体の向きを変えて上司のチンポが顔の前に。
硬くなり、鈴口から透明汁が垂れているチンポを夢中で咥えました。
上司の舌はイキそうになるとチンポからお尻の穴まで伸びて舐め回されました。
そしてとうとうほとんど二人同時にイキ、お互いの精液を口の中に放出したのです。
上司がまたキスを求めてきてお互いの口の中の精液を舌で唾液と混ぜ合わせるように
こね回してから、全てを飲まされました。
それから一緒に風呂に入ってお尻の中まで洗われ、上司のチンポを受け入れました。


同級生と 投稿者:トシアキ(6月21日(火)09時27分15秒)
私がまだ何も知らない頃の話です。私立の男子校に通っていました。
性に関しては全く無知でしたが、たまにお友達と家に集まっては、
エロ本を見せ合ったりをしてた覚えはあるけど、それ以上のことはわかりませんでした。
中学三年生になってようやく、セックスって何かがわかってきました。
そしてその頃、友達の家に泊まりに行きました。
田舎の法事で両親がいないのでお友達が1人で家にいるのがつまらないという理由で
泊まりにいることになったのですがまだ経験のないエッチの世界の話を友達がしてきた。
男同士で一緒にいるとほとんどが、彼女かエッチな話かどちらかに決まっています。
それも夜です。
それでお友達が、オナニーってしたことあるって聞いてきました。
当然したことがりましたが、恥ずかしかったので、したことない。と言ったのですが、
オナニーってどんな風にしているのか、お互い知りたいと話が一致し実際にしてみることにしました。
ジャンケンで負けたほうからするって提案して、私が負けました。
仰向けになり、私がチンポを出して擦り始めましたがとにかく恥ずかしくて恥ずかしくて。
ドキドキしたけど思い切って、そのまま一気に射精まで。
その後、友達の顔を見たらトロンとして息が荒くなってました。
積極的に話をしてわりには、恥ずかしそうで。
私の後、友達も気持ち的に盛り上がっているのがわかり、さらに調子に乗ってというか、
エッチな気持ちを抑えきれなくてチンポを擦り出しました。
最初は少し恥ずかしがっていたようなんですが、友達の息が乱れてきています。
友達は、少しを声をあげていましたが、なかなかイケないので私が手伝ってあげるって言いました。
「ああっ・・・」
私が友達のチンポに触ると思わず言葉が出てしまい、どんどん表情にかわってきました。
「もう、イキそう。」
友達がそう言うと、もう私は興奮が頂点に達しようとしていて、
やっぱり他人から触られたり舐められたりするのが、こんなにいいとは初めて知りました。
「もっと激しく擦って〜。」
友達が声をあげました。次に出たというか出ていた言葉でした。
私もよく仕方がわからなく、とにかく先っぽの方を擦り続けました。
突然、友達のチンポの先から精液がドク独と飛び出してイキました。
お互い十分に気持ちよくなり、また私が横に添い寝するような感じになり、
友達のパジャマをすべて脱がせていきました。
男同士なのに、パジャマを脱がせていると、また妙に興奮してきて、
男ってこんな風に興奮していくのかなっと思ったりしました。
その時です。
全裸になったお友達は、恥ずかしいらしく、布団ですぐに体を隠しました。
「恥かしいよ。」
友達は顔を真っ赤にして、言いました。
「大丈夫。やさしくするから。」
まるで私は彼氏のような感じ。少しSなのかとも思いました。
攻められていたかと思うと、今は完全に友達はMです。
「ちょっと待って。少しやばくない?」
友達はここまでなるとは思ってなかったらしいのですが(後で聞いた時そう言っていた)それは私も同じ。
でももう気持ちが高揚して我慢できない。友達がほしいと思うばかりです。
好きになったのかも?それで、少し抵抗する友達に半ば強引にまたチンポを触り、亀頭に吸い付きました。
友達ももうどうにでもして、みたいな感じでだんだん声も大きくなっています。
「もっともっと。」気がつくと私を求めていました。
そして友達も私のパジャマを脱がし始めました。
お互い全裸になり、次はお互いのチンポを同時に触り始めました。
「あっ、いい〜。」
お互い同じような声を出し、亀頭を触りあいこしていました。
キスをしながら。
少し触りあいこしていると、友達が「お互いのチンポを舐めあいっこしない?」
って言ってきました。
私たちは69の形になり、お互いのチンポからお尻の穴まで舐めまわしました。
「もうどうにかなりそう〜」
私はもうイク寸前です。
それでも友達の舌はペロペロしてきます。
私も必死で舐めていましたが、ついにきました。
あの瞬間が・・・。「イク〜。」
二人ともほとんど同時にイってしまいました。
精液を飲んだのももちろん初めてです。
私たち二人は放心状態で何も答えることもできなくぐったりしていました。
ちょっとたって我に返りましたが、友達の問いかけになんと答えていいかわからず、
とにかく気持ちいい、と言うしかありませんでした。
体はまだ興奮がさめていない状態でしたが、そのまま寝てしまいました。
友達もトイレに行き、寝ようとしていましたが、ちょうど夜中の3時すぎだったと思いますが、
私が友達に背を向けて寝ていると、小さな声ですが、かすかに喘ぎ声が聞こえるのです。
私も寝ぼけているのかなと思ったのですが、違いました。
友達が、ちょっと離れて、なんとまたオナニーをしているではありませんか。
「あっあっあっ。」
声を一緒懸命に押しころして1人エッチしているのです。
「イクっ」また小さく聞こえてきました。
それから私も友達もようやく本当の睡眠に入りました。
朝起きてお互いすっきりした顔で、目覚めのキス。
「またしような」と一言。
それから、卒業まで何度もしました。段々と知識も増えてお互いのお尻の穴を使ってアナルセックスも。
今は、お互い結婚してますが、時々会ってはしています。

上司に誘われて-3 投稿者:中間管理職(6月17日(金)13時31分02秒)
それからは、女性を性の対象として見ることが出来なくなりました。
幾ら我慢しても、Aさんとのことや、サウナでの経験が頭の中で蘇ります。
そして二週間後、とうとう一人であの浅草のサウナを再訪しました。
もちろん、前夜生えかかってきた陰毛を自分で剃毛しました。
以来、男一筋です。時々Aさんにも抱かれてます。

上司に誘われて-2 投稿者:中間管理職(6月16日(木)16時58分17秒)
上司であるAさんのマンションに泊まり
初めて男同士のセックスを体験したあくる日、
誘われるまま、一緒に浅草のサウナへ行きました。
そこは、男を求める男達が集まる場所でした。
脱衣ロッカーは、普通のサウナと同じでしたが、
風呂場には、男達が溢れていました。洗い場で
Aさんが私の股間を泡だらけにして陰毛を剃り始めると、
周りにニヤニヤ笑い顔で人が集まって来ました。
見られている恥ずかしさとその刺激でチンポが勃ってしまいました。
剃毛の後連れて行かれたサウナの中は薄暗く、目が慣れてくると
男同士が抱き合ってキスしていたり、お互いのチンポを擦り合ったりする姿が見えました。
私とAさんもその中に入って、お互いのチンボを握り合いお尻の穴に指を入れたりで、
もう少しでイカされるところでした。
風呂から出て、仮眠室へ。そこは一面にマットが敷き詰められた大部屋でした。
あちらこちらで男同士が絡んでいました。中には一人を大勢の男が弄っている処も。
Aさんに「此処で皆さんに気持ち良くして貰いなさい。私は見物しているからね。」
と、空いている場所に全裸で横になるように言われました。
言われた通りに寝そべると、あっと言う間にたくさんの手が伸びて来ました。
そして身動き出来ない状態にされ、口にはチンポが突き込まれ、私のチンポも
誰かに咥えられた上、お尻の穴にもチンポが入って来ました。
何度イカされたか分からない時間が過ぎて、ようやく解放された時には、
Aさんの姿はなく、私は風呂で汗と唾液と精液まみれの体を洗って一人で帰りました。




上司に誘われて 投稿者:中間管理職(6月16日(木)11時21分09秒)
会社の恒例行事である上野公園での花見の帰りに、
上司であるAに誘われて、浅草にもう一軒飲みに行きました。
そこでもかなり飲んだ私は、終電を逃してしまい、週末で明日は休みだということもあり
単身赴任で近くに住んでいるというAさんのマンションに泊めてもらうことになりました。
Aさんの部屋でもビールをごちそうになり、そのままソファで寝てしまいました。
夜中にふと気が付くと、裸にされ、同じく素っ裸のAさんにチンポをしゃぶられていたのです。
最初は、股間の当たりが温かく気持ちよい感覚で夢でも見ているのかと思いましたが、
快感が次第に大きくなって目を覚ましたのでした。
Aさんは、私が目覚めたことに気づくと一層激しく舌を動かし、私はそのまま耐え切れず
Aさんの口の中で射精してしまったのです。最近は妻とのセックスも倦怠期に入り余り無く
本当に久しぶりの射精の快感が全身を駆け巡り思わず、声を出してしまいました。
後は、Aさんの言いなりでした。Aさんのチンポをしゃぶらされ、お尻までも犯されたのです。

新幹線 投稿者:営業マン(6月13日(月)13時53分01秒)
夜の上りの新幹線は、日帰り出張帰りのリーマンで一杯です。
そんなある日、隣に座ったスーツ姿の親父さんに誘われました。
きっかけは、車内販売で缶ビールを一緒にどうですか?と買ってもらったこと。
話をするうち、当時まだ独身だった私は親父さんに誘われて、東京駅から
一緒にタクシーで、親父さんの定宿のホテルへ行ってしまいました。
そして、初めて男同士のセックスを経験したのです。
私には、彼女は居ましたがこれまで経験したこともないテクのフェラや
指先の愛撫で本当にメロメロにされました。
そして親父さんのちんぽを受け入れ女にされました。

新入社員 投稿者:ごろう(6月12日(日)10時12分22秒)
この春、20歳の新人が入社してきました。
何と、父親の年齢が俺よりもずっと年下だということにびっくり。
ガタイがよくて、あそこも大きそうなんだけど、大学にも行かず専門学校で一所懸命に
勉強して社会人になったという、真面目で素直で可愛い子なんです。
上司である俺のことをとても慕ってくれて、誘惑したらすぐにホテルにでも行って
処女をいただけそうなんだけど、こんなに真面目な子をさすがにホモの道には誘えない
なと思ってしまいます。
彼がもともと男が好きなんだったらいいだけどね。
これがまともな人間の感情でしょうか(笑)。
だから毎日職場で彼の顔を見ながら、机の下で股間を膨らませている毎日です。

それにしても、俺の中学時代に、何も知らない純情な(笑)俺を誘惑して、俺の童貞と
処女を奪ったおじさん達は、あの時何を考えていたのでしょうかね。
まあ、もともと俺は男が好きだったから問題ないけれど(笑)。