ゲイへの道!あなたの初体験



 部屋を出る

この部屋のアドレス:014 Maison de Mike, City Center, METROPOLE21

この部屋のオーナー:りょうさん(クリックするとメールが出せます)

<オーナーのメッセージ>
ゲイとしての初体験や、自分はこの出来事がきっかけでゲイの道に入ったと言う体験をお願いします。


オーナーコマンド(この部屋のオーナー以外は使用できません)

パスワード:     


この掲示板は18歳以上のゲイまたはバイの男性が利用することを前提にしています。それ以外の方のご利用や、援助交際を求める内容の書き込み、宣伝行為は固くお断りいたします。

ペンネーム: メールアドレス:(省略可、スパム対策済み)
タイトル: 削除パスワード:(後で削除するときに使用)

メッセージ:(一度も改行せずに書き込むと自動改行されます)



同級生と 投稿者:トシアキ(6月21日(火)09時27分15秒)
私がまだ何も知らない頃の話です。私立の男子校に通っていました。
性に関しては全く無知でしたが、たまにお友達と家に集まっては、
エロ本を見せ合ったりをしてた覚えはあるけど、それ以上のことはわかりませんでした。
中学三年生になってようやく、セックスって何かがわかってきました。
そしてその頃、友達の家に泊まりに行きました。
田舎の法事で両親がいないのでお友達が1人で家にいるのがつまらないという理由で
泊まりにいることになったのですがまだ経験のないエッチの世界の話を友達がしてきた。
男同士で一緒にいるとほとんどが、彼女かエッチな話かどちらかに決まっています。
それも夜です。
それでお友達が、オナニーってしたことあるって聞いてきました。
当然したことがりましたが、恥ずかしかったので、したことない。と言ったのですが、
オナニーってどんな風にしているのか、お互い知りたいと話が一致し実際にしてみることにしました。
ジャンケンで負けたほうからするって提案して、私が負けました。
仰向けになり、私がチンポを出して擦り始めましたがとにかく恥ずかしくて恥ずかしくて。
ドキドキしたけど思い切って、そのまま一気に射精まで。
その後、友達の顔を見たらトロンとして息が荒くなってました。
積極的に話をしてわりには、恥ずかしそうで。
私の後、友達も気持ち的に盛り上がっているのがわかり、さらに調子に乗ってというか、
エッチな気持ちを抑えきれなくてチンポを擦り出しました。
最初は少し恥ずかしがっていたようなんですが、友達の息が乱れてきています。
友達は、少しを声をあげていましたが、なかなかイケないので私が手伝ってあげるって言いました。
「ああっ・・・」
私が友達のチンポに触ると思わず言葉が出てしまい、どんどん表情にかわってきました。
「もう、イキそう。」
友達がそう言うと、もう私は興奮が頂点に達しようとしていて、
やっぱり他人から触られたり舐められたりするのが、こんなにいいとは初めて知りました。
「もっと激しく擦って〜。」
友達が声をあげました。次に出たというか出ていた言葉でした。
私もよく仕方がわからなく、とにかく先っぽの方を擦り続けました。
突然、友達のチンポの先から精液がドク独と飛び出してイキました。
お互い十分に気持ちよくなり、また私が横に添い寝するような感じになり、
友達のパジャマをすべて脱がせていきました。
男同士なのに、パジャマを脱がせていると、また妙に興奮してきて、
男ってこんな風に興奮していくのかなっと思ったりしました。
その時です。
全裸になったお友達は、恥ずかしいらしく、布団ですぐに体を隠しました。
「恥かしいよ。」
友達は顔を真っ赤にして、言いました。
「大丈夫。やさしくするから。」
まるで私は彼氏のような感じ。少しSなのかとも思いました。
攻められていたかと思うと、今は完全に友達はMです。
「ちょっと待って。少しやばくない?」
友達はここまでなるとは思ってなかったらしいのですが(後で聞いた時そう言っていた)それは私も同じ。
でももう気持ちが高揚して我慢できない。友達がほしいと思うばかりです。
好きになったのかも?それで、少し抵抗する友達に半ば強引にまたチンポを触り、亀頭に吸い付きました。
友達ももうどうにでもして、みたいな感じでだんだん声も大きくなっています。
「もっともっと。」気がつくと私を求めていました。
そして友達も私のパジャマを脱がし始めました。
お互い全裸になり、次はお互いのチンポを同時に触り始めました。
「あっ、いい〜。」
お互い同じような声を出し、亀頭を触りあいこしていました。
キスをしながら。
少し触りあいこしていると、友達が「お互いのチンポを舐めあいっこしない?」
って言ってきました。
私たちは69の形になり、お互いのチンポからお尻の穴まで舐めまわしました。
「もうどうにかなりそう〜」
私はもうイク寸前です。
それでも友達の舌はペロペロしてきます。
私も必死で舐めていましたが、ついにきました。
あの瞬間が・・・。「イク〜。」
二人ともほとんど同時にイってしまいました。
精液を飲んだのももちろん初めてです。
私たち二人は放心状態で何も答えることもできなくぐったりしていました。
ちょっとたって我に返りましたが、友達の問いかけになんと答えていいかわからず、
とにかく気持ちいい、と言うしかありませんでした。
体はまだ興奮がさめていない状態でしたが、そのまま寝てしまいました。
友達もトイレに行き、寝ようとしていましたが、ちょうど夜中の3時すぎだったと思いますが、
私が友達に背を向けて寝ていると、小さな声ですが、かすかに喘ぎ声が聞こえるのです。
私も寝ぼけているのかなと思ったのですが、違いました。
友達が、ちょっと離れて、なんとまたオナニーをしているではありませんか。
「あっあっあっ。」
声を一緒懸命に押しころして1人エッチしているのです。
「イクっ」また小さく聞こえてきました。
それから私も友達もようやく本当の睡眠に入りました。
朝起きてお互いすっきりした顔で、目覚めのキス。
「またしような」と一言。
それから、卒業まで何度もしました。段々と知識も増えてお互いのお尻の穴を使ってアナルセックスも。
今は、お互い結婚してますが、時々会ってはしています。

上司に誘われて-3 投稿者:中間管理職(6月17日(金)13時31分02秒)
それからは、女性を性の対象として見ることが出来なくなりました。
幾ら我慢しても、Aさんとのことや、サウナでの経験が頭の中で蘇ります。
そして二週間後、とうとう一人であの浅草のサウナを再訪しました。
もちろん、前夜生えかかってきた陰毛を自分で剃毛しました。
以来、男一筋です。時々Aさんにも抱かれてます。

上司に誘われて-2 投稿者:中間管理職(6月16日(木)16時58分17秒)
上司であるAさんのマンションに泊まり
初めて男同士のセックスを体験したあくる日、
誘われるまま、一緒に浅草のサウナへ行きました。
そこは、男を求める男達が集まる場所でした。
脱衣ロッカーは、普通のサウナと同じでしたが、
風呂場には、男達が溢れていました。洗い場で
Aさんが私の股間を泡だらけにして陰毛を剃り始めると、
周りにニヤニヤ笑い顔で人が集まって来ました。
見られている恥ずかしさとその刺激でチンポが勃ってしまいました。
剃毛の後連れて行かれたサウナの中は薄暗く、目が慣れてくると
男同士が抱き合ってキスしていたり、お互いのチンポを擦り合ったりする姿が見えました。
私とAさんもその中に入って、お互いのチンボを握り合いお尻の穴に指を入れたりで、
もう少しでイカされるところでした。
風呂から出て、仮眠室へ。そこは一面にマットが敷き詰められた大部屋でした。
あちらこちらで男同士が絡んでいました。中には一人を大勢の男が弄っている処も。
Aさんに「此処で皆さんに気持ち良くして貰いなさい。私は見物しているからね。」
と、空いている場所に全裸で横になるように言われました。
言われた通りに寝そべると、あっと言う間にたくさんの手が伸びて来ました。
そして身動き出来ない状態にされ、口にはチンポが突き込まれ、私のチンポも
誰かに咥えられた上、お尻の穴にもチンポが入って来ました。
何度イカされたか分からない時間が過ぎて、ようやく解放された時には、
Aさんの姿はなく、私は風呂で汗と唾液と精液まみれの体を洗って一人で帰りました。




上司に誘われて 投稿者:中間管理職(6月16日(木)11時21分09秒)
会社の恒例行事である上野公園での花見の帰りに、
上司であるAに誘われて、浅草にもう一軒飲みに行きました。
そこでもかなり飲んだ私は、終電を逃してしまい、週末で明日は休みだということもあり
単身赴任で近くに住んでいるというAさんのマンションに泊めてもらうことになりました。
Aさんの部屋でもビールをごちそうになり、そのままソファで寝てしまいました。
夜中にふと気が付くと、裸にされ、同じく素っ裸のAさんにチンポをしゃぶられていたのです。
最初は、股間の当たりが温かく気持ちよい感覚で夢でも見ているのかと思いましたが、
快感が次第に大きくなって目を覚ましたのでした。
Aさんは、私が目覚めたことに気づくと一層激しく舌を動かし、私はそのまま耐え切れず
Aさんの口の中で射精してしまったのです。最近は妻とのセックスも倦怠期に入り余り無く
本当に久しぶりの射精の快感が全身を駆け巡り思わず、声を出してしまいました。
後は、Aさんの言いなりでした。Aさんのチンポをしゃぶらされ、お尻までも犯されたのです。

新幹線 投稿者:営業マン(6月13日(月)13時53分01秒)
夜の上りの新幹線は、日帰り出張帰りのリーマンで一杯です。
そんなある日、隣に座ったスーツ姿の親父さんに誘われました。
きっかけは、車内販売で缶ビールを一緒にどうですか?と買ってもらったこと。
話をするうち、当時まだ独身だった私は親父さんに誘われて、東京駅から
一緒にタクシーで、親父さんの定宿のホテルへ行ってしまいました。
そして、初めて男同士のセックスを経験したのです。
私には、彼女は居ましたがこれまで経験したこともないテクのフェラや
指先の愛撫で本当にメロメロにされました。
そして親父さんのちんぽを受け入れ女にされました。

新入社員 投稿者:ごろう(6月12日(日)10時12分22秒)
この春、20歳の新人が入社してきました。
何と、父親の年齢が俺よりもずっと年下だということにびっくり。
ガタイがよくて、あそこも大きそうなんだけど、大学にも行かず専門学校で一所懸命に
勉強して社会人になったという、真面目で素直で可愛い子なんです。
上司である俺のことをとても慕ってくれて、誘惑したらすぐにホテルにでも行って
処女をいただけそうなんだけど、こんなに真面目な子をさすがにホモの道には誘えない
なと思ってしまいます。
彼がもともと男が好きなんだったらいいだけどね。
これがまともな人間の感情でしょうか(笑)。
だから毎日職場で彼の顔を見ながら、机の下で股間を膨らませている毎日です。

それにしても、俺の中学時代に、何も知らない純情な(笑)俺を誘惑して、俺の童貞と
処女を奪ったおじさん達は、あの時何を考えていたのでしょうかね。
まあ、もともと俺は男が好きだったから問題ないけれど(笑)。

中学時代 投稿者:教職(6月6日(月)13時47分12秒)
私は、訳あって中学生になってから自宅を離れ義理の叔母の家に預けられていました。
そこはかなり裕福な家で、きちんと一部屋与えられて、まるで下宿している様で、
大学生の義理の従姉妹と三人暮らしでした。
ある日、私が熱を出して学校を休んで部屋で寝ていた日の事です。
従姉妹が部屋に入ってきて、パジャマを取り替えて体を拭いてくれました。
良い匂いがして、思わずチンポが勃起してしまったのです。
従姉妹は、ニコっとしてそのまま蒸しタオルでチンポを包み込んで、拭いてくれました。
びっくりしたのと気持ち良いので、思わず声を出すとそのまま咥えてくれたのです。
そして、口の中に出してしまった初めての精液をそのまま飲んでくれました。
それから、私と従姉妹の秘密の関係が始まりました。
従姉妹は、既に男性経験が有り、その豊富な性の知識で私を導いてくれました。
男として女の子を喜ばせるセックスの仕方ばかりで無く、
お尻の穴を女の子のおまんことして使うことも、女装もお化粧も教わりました。
私の性癖をむしろ自分が女の子として扱われる事に快感を感じる様に仕込まれていったのです。
私が大学生になり、一人暮らしを始める頃には、すっかり女装娘になっていました。
今でも、従姉妹とは時々会って楽しんでます。

公園のトイレ 投稿者:啓成(6月2日(木)19時30分52秒)
目黒区の家の近くの公園のトイレ。
二つの個室の間の壁に穴が開いていて、
周りの壁はエッチな落書きだらけだった。
穴にはトイレットペーパーが丸められて栓がされてました。
ある日、そのトイレに入ってオナニーをしていた時、
突然穴を塞いでいたトイレットペーパーの塊が落ちて、
そこからニュッと勃起したチンポが突き出されたのです。
そして「扱くなり、しゃぶるなり、お願いします。」
と声が聞こえてきました。
ビックリして、固まっているとチンポが引き抜かれ
覗かれました。オナニーしていたので勃起したままの
チンポをしっかり見られてしまいました。
「穴から出して。しゃぶってあげるよ。」そう誘われ、
思わずチンポを突き出すと、スッポリ咥えられました。
見知らぬ人の口でしゃぶられ、射精しました。
それが初めての体験です。

品川駅のトイレで 投稿者:ころころ(6月2日(木)00時11分28秒)
初体験ではないのですが、初めて衝撃的な目撃をしたことを書きます。

今から40年くらい前の日曜の昼下がり、国鉄(当時)の品川駅構内のトイレで
小便をしていて、ふと端っこで用を足しているおじさんを見ると、自分のいきり
立ったマラを無表情でしごいていたのです!

当時、小学生だった私は、初めて見る大人の男性の勃起したマラに頭が真っ白に
なるくらいクラクラしてしまいました。
しかも、遠目でもわかるくらいカリ高で筋が立つくらい反り返っていて・・・
衝撃的でした。
自分のマラもあっと言う間に勃起してしまいました。
でも、そのおじさん(今にして思うと30代くらいか?)は、別に周囲を気にする
こともなく平然としごき続けています。

私は勃起したのが恥ずかしいのと怖いのとで、すぐその場を離れたのですが、太く
大きいマラが頭から離れず、もう一度見たくて、トイレに戻りました。
しかし、そのおじさんは既にトイレには居ませんでした。
今にして思うと、仲間を見つけ、どこかホテルにでもしけ込んだのだと思います。

思えば、あのおじさんは、ホモのわりには挙動不審でなく、落ち着いていたような
記憶があります。

今でもあのときのソリマラの残像を思い出してはオナニーしています。

上野公園 投稿者:40代リーマン(5月31日(火)16時15分16秒)
東京の大学に進学して一人暮らしを始めた頃、
友達もいなくて、休日はもっぱら上野公園に来てました。
美術館や博物館、動物園などで安く一日中時間を潰せたからです。
そんなある日、公園のベンチに座っていた時、丁度父親ぐらいの年齢の
男の人に、精養軒はどっち?と声を掛けられました。場所を教えると
私も一人だから良かったらご馳走するから一緒に食事しないか?と
誘われたのです。スーツ姿の真面目そうな人だったので一緒に行くことにしました。
ハヤシライスにビールまでご馳走になって、色々と話すうちにすっかり打ち解けて
出張で泊まっているホテルまでついて行ってしまいました。
部屋に入ると、キスされ服を脱がされて、ちんぽをしゃぶられました。
まだ童貞でオナニーしか知らなかったので、何もかもが初めてでした。
その日は、そこに泊まってしまい、男同士の行為を教わりました。


ポルノ映画館 投稿者:50代(5月30日(月)12時25分38秒)
今は無くなってしまったポルノ映画館が初体験のきっかけでした。
高校時代、年齢を誤魔化しては通ってました。
ある日、それがバレて補導されそうになった時、俺の甥だと言って
庇ってくれた親父さんに教わったのです。
「危なかったな。気をつけろよ。」一緒に映画館を出て話すうち
親父さんの持っているアダルトビデオを見せてくれることになり
親父さんのマンションへ連れて行かれました。
部屋を少し暗くして大画面で見せられたのは、当時はまだ珍しかった
無修正のAVでした。並んでソファに座って夢中で画面を見ていると
親父さんが「どうだ?映画館のより凄いだろう」と股間に手を伸ばしてきたのです。
そして、私が既に勃起させているのを確認すると「俺も興奮してきた」
と裸になって上を向いて勃っているちんぽを晒したのです。
そして親父さんに裸にされ、二人でお互いのちんぽを握り合い
そのまま、咥えられたのです。
まだ、童貞だった私にとって初めての性の体験でした。
オナニーでは感じたことのない快感であっという間に
精子を親父さんの口に出してしまいました。
そしてその口でキスされ、親父さんの唾液と自分の精子を
口移しされて飲まされたのです。
そのあと、一緒に入った風呂でお尻の穴の中まで指で洗ってもらい
親父さんのちんぽで犯されました。





中学の頃から 投稿者:タカヒロ(5月21日(土)02時45分07秒)
中学1年の時、夜の公園のトイレで裸の友達が個室から
若いお兄さんと出てきました。友達は僕に気付かず裸の
ままいました。僕がM君と言うと恥ずかしそうに股間を
隠してました。まだ余韻があるのか勃起して、抱き
ついてきました。僕がお尻を触るとぬるぬるして、
穴が開いてました。M君は僕のちんぽを扱き勃起する
とお尻に入れてと言って、M君のお尻に入れて少し
動いたら初めての快感にすぐ射精してました。M君
のは勃起して今度はと言うと僕のお尻にローションを
塗ってお尻に入れてきました。最初は痛かったけど
気持ち良くなって、女みたいに悶えて突かれM君が
イクって言って、中に射精して僕も2回目なのに大量
に射精してました。僕達は裸のまま抱きあい暫く個室
にいました。友達は裸のまま外に出ると知り合いの
おじさんがいると言って、僕を誘いおじさんが裸に
なると太く長いちんぽを入れられて僕は裂けると言って
も激しく突かれ友達は僕も口にちんぽを入れてきました。
おじさんが僕の中で逝くと友達も口の中に射精して
お尻の穴からは精子を垂れ流して僕はオシッコを漏らし
てました。おじさんが去るとまた違うちんぽを入れられ
友達も3.4人抱かれました。僕は初体験と同時に乱交
されました。それからは毎日、友達と知らないおじさん
達に抱かれいまでは、立派な種壺になってます。
高校生の時、あるおじさんが包茎手術のお金を出し
貰い、一週間おなにーを禁止されお尻は疼くし、精子
は溜まって、一週間後久しぶりに友達とおじさんも
溜まっていたのか2回もアナルに射精して、僕も射精
してました。友達もおじさん達に抱かれ3回くらい
射精して、精子まみれになってました。僕も3回射精
して4回目は潮を吹いてました。

独り旅で 投稿者:今はリーマン(5月19日(木)12時14分19秒)
大学生の頃、旅行が趣味でよく独り旅をしてました。
お金もないので、各駅停車でふらふらと行き当たりばったりで
宿泊は、都市ではカプセルホテルかサウナ、田舎では、駅で教えてもらった安宿です。
そんな旅行中に知り合った人に男の世界を教わりました。
大阪で夕食に入った定食屋で話し掛けられ、勧められるまま
その人の家に泊めてもらうことになったのです。
その人は30代で単身赴任のマンション暮らし。
時々家族が訪ねて来るがいつもは一部屋空いてるからとのことでした。
一緒に食事をしてからその人のマンションへ。
もう夜だったので、「お先にどうぞ。」と風呂場に案内されました。
先に入浴していると、彼も入ってきたのです。
学生時代水泳部だったと言う彼は、今でもパイパンでした。
二人で湯船に浸かると彼の足が股間に触れます。
話をしながら足の指で刺激されると私のチンポは少し大きくなってしまいました。
見ると彼のちんぽも勃起して上を向いていました。
湯船の中で彼の顔が徐々に近づきそのままキスされました。
舌を差し込まれて歯茎の裏を舐め回されると体から力が抜けて
それからは彼の言うままでした。
「体を洗いましょう。」私の勃起を気にすることもなく、
彼は洗い場で私の体を洗い、「剃っていい?」とカミソリで私の陰毛を
お尻の穴の周りまでツルツルに剃り落としたのです。
風呂から出て、二人とも全裸で彼のベッドへ。
いきなり69でお互いのチンポをしゃぶりあいました。
そして彼のチンポでお尻を犯されたのです。
次の日の夕方までに私はすっかり女にされてしまいました。







銭湯 投稿者:元下宿人(5月17日(火)13時29分10秒)
大学生の時、風呂なしアパートに下宿していたので
ほぼ毎日銭湯を利用してました。
午後からの講義が休講になった日、早めに帰宅して一番風呂へ。
そこで常連のおじさんと知り合いました。
市場勤めのおじさんは早朝からの勤務で昼には仕事が終わり、
いつも一番風呂でそのあと一杯やるそうで、一緒に飲まないか?
と誘ってくれました。もちろん僕に異存はなく、おじさん行きつけの居酒屋へ。
風呂上がりの明るいうちからのビールは美味しくて、つい飲み過ぎてしまいました。
気がつくと、おじさんのアパートに裸で寝かされていました。
おじさんも全裸でそしてチンポをしゃぶられてました。
僕が目を覚ましたことに気づくと「ごめんよ。可愛くて我慢出来なかった。」
と優しく謝りつつも、しゃぶり続け、お尻の穴に指を入れてきました。
僕は「あっ」、と思わず声を出しましたが余りの気持ち良さに体を動かすことも出来ず
身をまかせ、「あっ、出ちゃう。いくいくー。」とおじさんの口の中へ
そのままドクドクと射精してしまいました。
それが初体験です。
おじさんとは、僕が卒業するまでお付き合いしました。





祭の日 投稿者:氏子(5月16日(月)17時33分53秒)
町会で集まって、締込みの仕度を教わっていた時、
勃起してしまいました。
すると世話係のおじさんが「一発抜いてやるよ。」
とみんなのいるその場で尺八をしてくれました。
まだ童貞だったので、初めての体験でした。


なぜgayになつたか。 投稿者:kazu(5月13日(金)15時19分02秒)
当初は興味本位でうけをしてましたが、あまり気持ち良くなく、逆に苦痛さえ
感じました、あるとき,ハーブを知り使用して見ました、尻から水で解いて流し入れました、10分位で心臓の鼓動が早くなり、量を間違つたかなと思つていた時、性射している様な気持ち良さが身体中に広がり、なんと気持ちいいんだろうと3時間位天国をさ迷つてました、これが初めてのドライオルガズムを経験しました、それから気持ち良さを忘れられなくなり続けました、あるときこれを使用して突かれたらどうなるか,早速実験をしました、身体中が性感帯になり、特に尻の中が敏感になり、突かれる度に、今まで経験をした事の無い凄い快感に襲われ、自然と声をあらん限りの大声で喘ぎ声を出してしまいました、その時、男に生まれて良かったと思った程でした、女もこのように感じるのかな、と思いました、ドライオルガ二ズムなので幾らでも受け入れが出来るので、1人では、物足りなくさえ思いました、誰専の気持ちが理解しました、また、あの気持ち良さが忘れられなくなましたが、今では薬が手に入らず、毎日悶々としてます、おごってくれる人いたら良いなーと思っています。




上野のホモサウナ 投稿者:50代親父(5月13日(金)10時59分39秒)
私が男の世界を知ったのは、上野のホモサウナです。
もちろん最初は、そのサウナがホモサウナだとは知りませんでした。
単身赴任の私は、上野の居酒屋で一杯やりながら夕食を取ることが多く
そこで相席になった人に誘われました。
その人は、私より少し年上で、独り身ということで単身赴任の私と話が合い
もう一軒行きませんかと誘われたのです。
二軒目の後、近くのサウナで酔い覚ましをしましょうとサウナに連れ込まれたのです。
私はサウナは初めてだったので、特に違和感もなくロッカー室で裸なり一緒に入浴してから
腰にバスタオルを巻いて階上の仮眠室へ連れて行かれました。
そしてそこで男同士が裸で絡み合っている姿を見て初めて此処がホモサウナだと知りました。
あっと思った時には、彼にバスタオルの上からチンポを握られてました。
「単身赴任だから溜まってるでしょ。」そう耳元で囁かれてキスされると体から力が抜けて
そのまま空いていたスペースに寝かされていました。
バスタオルを剥ぎ取られお互い全裸で抱き合うと、彼が身体中に舌を這わせてから
既にギンギンに硬くなった私のちんぽをしゃぶり始めました。
これまでに経験したことのない快感が身体中を駆け巡りました。
そして、私は体を反り返らせながら喘ぎ声を出してました。
イキそうになるたびに寸止めされ、お尻の穴まで舐められ、
最後は「イかせて下さい」と言わされて、お尻の穴に指を挿し込まれ
前立腺を描き上げられ、集まったギャラリーに見られながら射精しました。
そしてその後、彼のちんぽをしゃぶらされお尻に入れられました。
最初は痛みが強く体を捻って逃げようとしましたが、ギャラリーに手足を押さえつけられ
お尻の穴にローションを垂らされたので、ヌルっとちんぽが入ってしまいました。
最後は騎乗位で下から突き上げられながら、別の人のちんぽを咥えさせられて中に出されました。
今思い出しても、興奮する凄い初体験でした。



⇩懐かしい場所 投稿者:都民(5月10日(火)18時29分39秒)
蒲田の映画館は、五反田の映画館や渋谷の名画座、池袋の映画館と並んで
都内では有名な発展映画館でしたね。
懐かしいです。私もよく通ってました。
近くに男同士でも入れるラブホがあって便利でしたね。

蒲田の映画館 投稿者:田舎者(5月6日(金)13時46分33秒)
30年も前の話です。
東京で大学生として生活を始めた私は都会暮らしに馴染めず
友人も出来ずに、映画だけが楽しみでした。
当時は名画座も多く、映画情報誌があって、
何処でどんな映画がいつ上映されているかを知ることが出来ました。
そこで初めて訪れた蒲田の映画館で男の世界を知ることになったのです。
線路沿いにあったその映画館は、ポルノ映画と名画を隔週おきに上映していました。
初めて行った日はポルノ映画の日で平日なのに結構混んでいました。
まだ童貞だった私が食い入るように夢中で見ていると、知らないうちに
隣の席のおじさんの手が太腿の上に置かれていました。
暫くして私が気づき手を退かそうとするとおじさんが耳元で「どう?興奮した?」
と囁いていきなり股間に手を伸ばして、ズボンの上から大きくなっている私のちんぽを
確認すると、ギュっと握ってきたのです。
私がじっとしているとそのままチャックを下ろして中に指を忍び込ませてきました。
「やめて下さい。お願い。」私が頼むのを無視して
「もうこんなになってるじゃないか。もっと気持ち良くしてあげる。」
と亀頭の先を嬲り、ちんぽを晒してそのまま口に咥えたのです。
映画館の席で初めてフェラされ、私は余りの気持ち良さにあっと言う間に射精まで
イカされてしまいました。
おじさんはびっくりするほどの大量の精液を全部飲み込むと
ちんぽを元どおりに戻してくれました。
「美味しかったよ。またね。」そう言い残しておじさんは席を立っていきました。
しばらくしてから、私も席を立って廊下に出ると、先ほどのおじさんが待っていました。
誘われるまま、一緒に映画館を出て近くのホテルへ。
そこで私は、処女と童貞をおじさんに捧げました。

新婚時代に 投稿者:義弟(5月2日(月)12時07分27秒)
新婚時代の夏休みに夫婦揃って妻の実家へ行きました。
その時に実家を継いでいる義兄に誘われ男の世界を教わりました。
もちろん、義兄も既に結婚していて子供もいます。
一緒に近くの日帰り温泉へ行き、そこのサウナで話をしているうちに
勃起を握らされ一緒に入ったシャワーブースでしゃぶられ、そのあと
しゃぶらされました。
それから妻の実家に行くたびに関係してます。