近親相姦―親父と息子―



 部屋を出る

この部屋のアドレス:018 Maison de Pon, City Center, METROPOLE21

この部屋のオーナー:管理人さん(クリックするとメールが出せます)

<オーナーのメッセージ>
タイトル通りです。近親相姦、親父と息子にまつわる体験談、妄想告白、聞いた話……など、なんでもよろしく書き込んで下さいね。


オーナーコマンド(この部屋のオーナー以外は使用できません)

パスワード:     


この掲示板は18歳以上のゲイまたはバイの男性が利用することを前提にしています。それ以外の方のご利用や、援助交際を求める内容の書き込み、宣伝行為は固くお断りいたします。掲示板のテーマや説明に関わらず、電話番号は投稿しないでください。

ペンネーム: メールアドレス:(省略可、スパム対策済み)
タイトル: 削除パスワード:(後で削除するときに使用)

メッセージ:(一度も改行せずに書き込むと自動改行されます)



※掲示板に電話番号が投稿されていても、虚偽の可能性がありますので絶対に電話しないでください。
毎朝の楽しみC 投稿者:まなぶ(2月19日(水)20時05分27秒)
下の子(息子)ができて以降、私の性処理はオナニーだけとなった。
私のオナニーはもっぱら乳首でのオナニーだった。
若い時から、チンポが気持ち良くなるこのとには全く興味がなく、さんざん乳首で気持
ち良くなって、最後にしごいてイクという感じだ。
自分で弄んだ乳首は、強めの刺激でしか快感を得られなくなっていた。
私の乳首は、勃起すると芯はあってコリコリなのに、フニフニとして指触りが良く、
いつまでも揉んでいたくなるようなものに育った。
強い刺激でしか…とは言うものの、素肌にシャツを羽織った時などは、シャツが乳首
に触れる度にビクッとしてしまうのだった。そのフニフニ感のせいかも知れない。

高校2年生になると、息子は自室に入る風を装って、21時ごろに書斎にやって来るよ
うになった。妻と娘は階下でドラマなどを見始める時間だ。
「お父さん…」
書斎に入って来るなり、息子は私の脇を抱き椅子から立ち上がらせる。
「ちょ、ちょっと何?」
いつものことなのに、ビックリしたように私は言う。
息子は黙って私をベッドに放る…。
そして、私の上に覆いかぶさると服をまくり上げて、すぐにチュウチュウと音をたて
る。息子はいつも激しく吸う…。
息子は乳房に唇を押し付けて、舌で弾くように舐めてくる。
乳首が唾液でピチャピチャしてくると、唇で挟んで引っ張ったり、歯で噛んだりして
くる。
そして、私の乳首がコリコリフニフニになったところで吸い始めるのだ。
お願いしたわけではないのに、息子は私の感じる乳首の弄り方を知っているのだ。
「あー、お父さん…。お父さんの乳首、今日もすっごくおいしいよ」
吸っている方と反対の乳首をコリコリしながら、息子は恍惚とした表情で乳首を貪る。
私の股間に自分の股間を押し付け、腰を振りながら吸いまくる。
「コリコリなのに、こんなに勃起しているのに、なんか柔らかいんだよ。めっちゃう
まいよー」
吸うのも摘まむのも、両方に力が入る。
「あぁん、そんなにしたら、乳首が大きくなっちゃうよ」
「いいじゃん、大きくなっても」
私の言葉を無視してさらに吸いまくる…。左右を交互に…。
「あんっ…。大きくなっちゃったら責任とってね」
私は甘えるように言う…。
「もちろんだよ、お父さん。俺、ずっとこの乳首吸っていたい」
その言葉を聞くだけで大満足だ。息子を自分のものにしたかのような気持ちになる。
「あーっく。気持ちイイ…」
思わず身体がのけぞる。
それをねじ伏せるかのようにベッドに押し付け、腰を振りながら乳首を吸いまくる。
「あー、お父さんの乳首からおっぱいが出たらいいのに。俺ずっと飲んでいられるよ、
お父さんのおっぱいなら」
「あん、うれしい…」
私の、息子の頭と背中を抱く手に力が入る。
「あ、お父さん、やばい!」
「お父さん、やばいよ!もう出そう!」
息子の腰の動きが速くなる。
「うん、いいよ、イって」
「うん、あ、あ、あ、イクよ…」
息子はジーンズのボタンを外し、ボクサーごと膝まで下ろして私の顔に跨ってくる。
「あーっ、あーっ、イックぅぅ!」
息子がのけ反ると同時に、私は息子の尻を掴んでチンポを咥える。
身体をビクつかせ肩で息をしていた息子の動きがゆっくり止まる…。
「ねぇ、お父さん…。俺の、飲んで…」
微笑みながら息子がいう。
日に焼けたハンサムでスリ筋の若い男が、私にマウンティングして微笑んでいる。
胸がキュンとなる。
私は、ゴクンと息子の種を飲み込む…。

潤一郎さん 投稿者:ad(2月5日(水)14時25分14秒)
投稿ありがとうございます。
親父さんとの関係が続いていて何よりです。
遠慮ない感じで親父さんを責めるとかエロいですね。
3回目の投稿を見逃してしまったのが悔やまれますが
次の展開も楽しみに待っています。

大胆な4回目 投稿者:潤一郎(2月2日(日)21時11分19秒)
以前3回目の性交を書いたのですが、事情により即座に消しました。
近親相姦は一度ハメを外すと、際限無くヤリあうと普通に言われますが、俺自身はそうは
思いません。
実際、俺たち親子はまだ3回ですから。精子もそうですが、気持ちが溜まり込むまで待つ姿勢は変わりません。
親父は母親に吐き出していますし、俺は俺で風俗で用を済まします。

3回目もそうでしたが、俺の方が欲求を吐き出したいと疼くと、親父にモーションをかけたり、または親父の方もいけないことをしたい気持ちが高まって、そうなるというのが過去の経過でした。

4回目の前に、俺たちは遊びとして、休日に母親が買い物等で家を空けた時に、少しの時間でも出来たら、互い全裸で家の中をうろつくようになりました。

気が無い時はチンポは舌を向いたままですが、ちょっとでも気分が出た時は激しく上を向く感じを見ては興奮して、その場で互いに扱くのを見せあうのが楽しかったですね。

それでもって、4回目は1月最終の土曜日でした。
俺も親父も溜まっていました。
普段なら母親の動向に注意しながら、見せあいっこするのですが、気が入ると暴走気味になるのが親父の悪いところです。

その夜、親父が風呂に入る際、ぱっぱと服を脱ぎ捨てて、俺と母親の前で素っ裸になって
風呂場に向かいました。
大きな尻を手で何発も叩きながら。

母親が苦笑いで俺の方を見て、何はしゃいでのかねえと言いました。
おそらく母親は、今晩一戦交える合図だと思ったのかもしれません。
ですが、俺はこれは俺としたいという合図だと思いました。

俺は風呂場の外から、気持ち良さげだなと声を掛けました。
親父は浴槽に浸かりながら、ああいい気持だ。と声が帰ってきました。
俺は、ゆっくりと中に入って扉を開けたら、親父は満面の笑顔でチンポを扱いていました。

やっぱ親子だな、覗きに来ると思って扱いて待っていたと親父の弁。
母親はテレビのスイッチを押したようで、何やらバラエティ番組らしい騒がしい音が聞こえてきました。

俺も、何やらいけない秘密を思い浮かべて興奮してきました。
俺はズボンだけを脱いで、親父の前に下半身を近づけました。
親父は、直ぐに俺のチンポを嘗め始めました。
俺はすぐに口の中に射精してしまいました。

後は親父の頭を両手で掴むと、腰をガンガン前に突きだしました。
親父はげぼげぼと咽ていましたが、お構いなしに腰を振りました。
もうこうなると後は一直線です。
壁に手を着かせてバックからの鬼突き、正常位からお腹に射精しました。

親父を寝かせたまま俺は騎乗位で腰を上下に押し付けました。
例の如く、親父のか細い喘ぎ声が聞こえてきました。
俺も気持ち良くなって、次第に尻穴挿入の感覚を感じなくなっていて、もう無茶苦茶に
腰を振り落としました。
親父は俺の腰を両手でがっちりと掴むと、そのまま激しい腰使いで俺の腸の中にぶちまけてくれました。

それから急いで尻を拭いて、何食わぬ顔でリビングに戻りました。
母親面白そうにテレビを見ていました。俺たちの行為には何1つ突気づいていませんでした。
5回目は何時になるかは分かりませんが、その時は母親の傍で冒険をしてみたい気持ちでいます。
その時はまたご報告させていただきます。
ではまた。

田舎の親父さんへ 投稿者:父ちゃん大好き(2月2日(日)17時44分25秒)
いつも楽しく読ませて頂いてます。
息子さんのチンポも気になりますが、、
田舎の親父さんのチンポや裸もめちゃくちゃ
気になります!
これからも楽しみにしてます!

田舎の親父さん 投稿者:親父好き(2月2日(日)03時09分21秒)
田舎の親父さんいいですね
これからも楽しみにしています

涙さんへ 投稿者:おすき(1月30日(木)20時07分44秒)
涙さんの話、、
ジーンときました。
カッコいいお父さんだったんでしょうね。

真夜中の痴漢 投稿者:田舎の親父(1月28日(火)17時40分31秒)
新年会の時に触った、息子の玉袋と肉棒の感触がどうしても忘れられない。
毎日、息子のことが気になって仕方がないのだ。でも、二人っきりになると
恥かしくて、何も出来ない親父になってしまう。

寝ている息子にだったら、痴漢できるかもしれない。

夜中、小便がしたくて目が覚めた。63才の親父でもギンギンに勃起して
いる自分に驚く。男なら、便器の蓋を開けて立小便をしたいところである
が、妻からいつも小言を言われ、座って小便をするようになった。勃起し
た竿を強引に下に向け、勢いよく小便を出す。勢い良すぎて便器から跳ね
返った小便の雫が手にかかるのが、悩みの種だ。

自分の部屋に戻る前に、息子の部屋の前まで行ってみた。中から大きな鼾
が響いている。そっと襖を開けて中へ入る。豆電球の明かりで、ベットに
寝た息子の顔がよく見える。中年男から発せられる、男臭い匂いが部屋中
に充満していた。

仰向けに寝る息子の布団の中へそっと手を入れる。すぐに逞しい太ももが
そこにはあった。剛毛がはえた太ももは、撫でるとジャリジャリとした感
触がした。もっと奥まで手を入れてみる。念願のブリーフに包まれた肉棒
と玉袋を探し当てる私。その時は、興奮で心臓の鼓動が高まり、口がカラ
カラに乾いていた。私は息子の盛り上がった股間を、包み込むように手を
のせた。もう一方の手は、自ずと勃起した自分の竿を握っていた。

息子の鼾は、一定間隔で響いている。私の手のひらから出る汗で、ブリー
フは徐々に湿っていく。興奮で震える私の手で、息子の肉棒に変化が現れ
た。左側を向いて腹の上にだらんと横たわっていた肉棒が、一気に太さを
増して硬くなっていく。亀頭が頭を持ち上げて、ブリーフがテントを張る
ような状態に。私は、玉袋を何度か優しく握った後、肉棒の根元から亀頭
に向けて、太さと硬さを確かめるように指で摘まんでいった。亀頭の付け
根はくびれていて、カリが張っている感触が伝わってくる。鈴口から裏筋
を指で撫でる度に、息子の肉棒はビクビクと反応する。そして、度々鈴口
から大量の我慢汁が溢れ出て、ブリーフが濡れていくのが分かった。

恐る恐るブリーフの中に手を入れてみた。息子の肉棒は、私以上に握り
がいのある太さで、熱気がすごい。片手で握って、亀頭が飛び出る長さだ。
べとっりと濡れた亀頭を、親指で撫でてみる。撫でる度に息子の鼾は一瞬
止まり、その後大きな吐息をついて、いつもの大きな鼾に戻っていく。

10回ほど撫でたところで、息子に寝返りを打たれ、私は一目散に自分の
部屋へ。息子の肉棒と玉袋の感触を思い出しながら、朝までオナニーに
耽ってしまった。

親父の思い出 投稿者:達哉(1月24日(金)11時14分59秒)
 自分はガキの頃 グレてました! 親が離婚して母子家庭団地に住み 中2でシンナー 中3で万引き 商業高校は3ヶ月で首になり 事件を起こし少年院へ……
 母と別れた父親が面会に来て1年間 月4〜5回は通って来てくれて 卒院の日も引き取り人となり 保護観察になりました!  親父の茨城の自動車板金工場で働く事になったのですが 仕事もろくにしないでタバコばかり吸っていたある日 切れた親父は俺に殴りかかりボコボコにされ 縛られ以前飼っていた犬のゲージに入れられました!
 その日は何も食料を与えられず 小便を懇願しても 完全無視され 朝親父が来た時は 作業用のつなぎに 小便を漏らしていました!
 親父は 犬の首輪とこん棒を持っていました 首輪を填められ つなぎを脱がされました 親父と言え 18にもなってお漏らしを見られるのは 物凄く恥ずかしく嫌がったのですが こん棒で尻を思いっきり叩かれ つなぎを脱がされ 逃げようと暴れたのですが 首輪が鎖に繋がってました! パンツも脱がされ 初めて親父にチンポ見られ 洗われました!   親父にそんな趣味が有ったのかどうかなんて今考えると解らないのですが それからは 浣腸されたり 強制射精されたり 管理調教生活が始まりました!
  

To田舎の親父 投稿者:茶髪メガネ(1月20日(月)14時59分50秒)
いつも投稿を楽しみにしています。
ゆっくりと進展していく息子さんとの日常に、今回はどうなっているのだろう?今後はどう動いていくのだろう?とドキドキです、
これからの展開がきになるところです! これからも楽しみにしております!

親父 投稿者:涙(1月20日(月)11時16分59秒)
俺の親父は長距離運送のドライバー、母親はおらず日頃は祖父母の所で生活してた、中2の時の話仕事休み月回の時は親父の元へ、何時もの様に夜帰って来て狭い風呂で背中を流してくれて珍しく「大人の身体になったな」って言った,時間が過ぎて寝むってるとチンポ当たりがムズムズと言うかオナニーしてるような快感、はっと目が覚めた頭しか見えなかったが確かに親父が俺のチンポ咥えてる、そして手で扱いてる、そのまま声も出せず射精、精飲した親父は自分の布団へ、朝を迎え朝飯と言ってもトーストにジャムとインスタントコーヒー俺は学校へ、夜伝えられたのは親父の事故死、初めてのフェラチオ自部以外の手で扱かれて射精、なぜか涙が出たし親父と同じ歳になった今もゴツゴツした手の感触を覚えてる。

小便我慢 投稿者:田舎の親父(1月16日(木)13時38分31秒)
先日、町内会の新年会があった。今回は、中年になった息子を連れていき、
近所の人たちにお披露目した。
お酌に来る近所の人から、毎回のように「はやく嫁さん探さないと」と
言われ、照れる息子。居た堪れない気持ちだっただろうに。
人当たりのいい息子でよかったと、つくづく思った。

新年会が終わる頃には、息子はかなり酔っていた。千鳥足の息子を入り口
に座らせ、子供の頃のように長靴を履かせる。息子を抱きかかえ、立たせ
ようとしたが、年老いた私には無理だった。幼なじみの友人にお願いして
息子を両脇から抱きかかえ、二人で家まで運ぶことに。息子のガッチリと
した体の感触を私は家までゆっくり堪能することにした。

途中、息子が小便したいと言い出した。立っているのがやっとで、ズボン
のチャックが開けられない。漏れる、漏れるといい、泣きそうな顔で私に
懇願する息子。友人は、息子が倒れないように背後から抱きかかえる。
私は息子のズボンのチャックを下し、一気にパンツの中に手を突っ込む。
汗で陰毛は、じめっとしていた。その下に肉棒が左側を向いた状態で、
横たわっている。私は玉袋の下辺りまで、手を突っ込んでみる。玉袋を
握った感触は、暖かくて柔らかで、まるでお湯でふくらました風船の様
だった。その中に存在感のある大きな金玉が二つ入っていた。

「うーん」と唸る息子。
急いで息子の肉棒を掴み引っ張り出す。親指と人差し指で摘まんだ肉棒
から勢いよく小便が出始めた。積もった雪が小便でドンドン溶けていく。

「父親とおんなじで立派だなぁ」友人はニヤニヤと笑っていた。

i田舎の親父さんへ 投稿者:kuma3(1月10日(金)09時08分03秒)
大人になってからの親子で温泉なんて羨ましいですね。
息子さんの行動はちょっとビックリしたかもしれませんが、
固くならずに自然体でいると進展がありそうですね。

親父さんの文章は読みやすいです。
投稿も無理せず自然体で、気長に待ってます。

田舎の親父さんへ 投稿者:60代(1月8日(水)07時29分06秒)
貴兄の投稿を楽しく拝見させて頂いて居ります。
温泉の洗い場で背中を洗いながらチンボを扱くってスリル有りますよね。
僕も田舎の温泉でSEXフレンドにした事が有ります。
息子さんは単に親父さんの性癖を知って居ただけでは無く、息子さん自身も興味が有るのだと思います。
興味が無ければ例え相手の性癖を知って居ても握ったりはしないと思います。
今度は自宅の風呂で息子さんを誘って背中を洗ってもらっては如何ですか?
その後の展開を期待してます。

昔の記憶 投稿者:田舎の親父(1月7日(火)15時13分35秒)
先日、息子に誘われて近所の温泉施設へ行ってきた。
正月の連休中ではあったが、施設内は閑散としている。

28年前のオープンしたての頃、冬場の寒い日は、よく息子を連れて
温まりにきていたのを思い出す。当時、35才だった私は性欲を持て
余し毎日ムラムラしていた。そんな私の体の相手をしてくれたのが、
仮眠室で出会った中年親父だった。親父の手コキは、今まで経験した
なかで一番上手かったと言える。寝ている10才の息子を、脇に抱き
かかえながら、真夜中に無言で行われる痴漢行為。気持ちよくても声
を出せない状況は、私を余計に興奮させた。オイルまみれの暖かで
肉厚な手の感触は今でも忘れない。

息子が小さい頃は、一緒に体を洗ったり、お湯に浸かったりしたもの
だが、お互いこの年になると一緒に行動するのが、恥ずかしいような、
照れくさいような感じがした。
私の隣に座り、頭と体を洗う息子。筋肉の上についた余分な脂肪が
中年のエロさを放っている。息子は椅子から立ち上がり、恥じらいも
なく股間を豪快に洗い始める。自慢の肉棒と玉袋を私に見せつけるか
のように。
カリに掛かった皮を根元の方に手繰り寄せ、泡の付いた手で亀頭全体
を擦る。そのあと肉棒を握り、何度か扱きあげた後、重量のある玉袋
を持ち上げ、股の間を洗っていた。

私は、鏡に映る息子の姿から目が離せなかった。次第に私の竿が反応
していく。気が付くと、両股に掛けていたタオルの中央がテントを
張るように持ちあがていた。
「親父、背中洗ってやるからタオル貸せよ」
息子が、強引にタオルを私から奪って行く。背中を洗ってくれている
間、私の勃起は治まらなかった。鏡に映る自分の顔を見るのも恥ずか
しくて、下を向いていた。使い込んで黒く変色した竿は、血管を浮き
立たせビクビクと反応している。自分の体の一部とは思えないように。

「親父、昔みたいに、手コキしてもらいたいのか」と耳元で息子が囁く。
背後から伸びた息子の手が、私の竿を握ってきた。
ごつごつとした息子の手。この感触は。。。一瞬、私は理性を失いかけた。
「男同士が人前でこんなことしたら、いかん」
息子の手首をつかみ、私の竿から引き離す。
「冗談、冗談」と笑って見せる息子。

息子は、昔から私の性癖を知っているんだと初めて実感した。

田舎の親父さんへ 投稿者:父ちゃん大好き(1月4日(土)10時06分10秒)
いつも楽しく読ませて頂いてます。
息子さんのチンポも気になりますが、、
田舎の親父さんのチンポや裸もめちゃくちゃ
気になります!
これからも楽しみにしてます!

田舎の親父さんへ 投稿者:茶髪メガネ(12月29日(日)00時22分11秒)
少しずつ進展していく度に、今後息子さんとどうなっていくのか、と興奮しながら気になっでいます。
今回もすごく興奮しました。
また進展がありましたら是非投稿してほしいです。

朝の日課 投稿者:田舎の親父(12月27日(金)13時18分26秒)
息子が帰ってきてからは、毎朝、縁側のレースのカーテンを開けるのが、
私の日課。運よく息子の朝起ちに出くわせればと、内心思っていた。

今朝、ようやく息子の朝起ちに立ち会うことが出来た。
息子の部屋は縁側からつながる一番奥の部屋。廊下を通り、縁側に
曲がろうとしたとき、一番奥の部屋の襖が開いた。
とっさに私は、曲がり角の柱の陰に隠れて息子の様子を伺う。
Tシャツにブリーフ姿の息子が、目をこすりながら部屋から出てきた。
起きたばかりで、まだ寝ぼけている様子。治まらない朝起ちが、ブリーフ
を持ち上げるように大きなテントを張っている。遠くからでも、よく分かる。

大きなあくびをした後、窓の外を見ながら、ブリーフの中に両手を突っ込み
ボリボリと陰毛を掻き始める息子。
しばらくして何かに気付いたのか、急にブリーフの中を覗き込む。
引き抜かれた手には、ネバーッとした液体が付いているようだった。
人差し指と親指を擦り合わして、液体の感触を確かめた後、匂いを嗅いで
確かめる姿は、雄そのものだった。
その後、息子はうつむきながら、大きく突き出たブリーフのテントの先端を
触り、濡れていないか確かめるような仕草をする。
すぐさま落胆した表情をみせる息子。

近くで息子の勃起を見たい私は、何食わぬ顔をして息子に近づく。
「おはよう。朝から雪だな。」と声を掛ける私に、驚きを隠せない息子。
息子のブリーフは、相変わらず大きなテントを張っている。
小便を出さない限り、しばらく治まることはなさそうだ。
何もなかったかのように、私の方に向かって縁側を歩いてくる息子。
交互に足を出す度に、濡れてシミになっているテントの先が、大きく左右に
揺れる。勃起した肉棒の長さは15センチぐらいだろうか、太さは結構あり
そうな感じだ。息子とすれ違った後は、微かに精子の匂いが漂っていた。

私は母親が洗濯機を回す前に、洗濯機のなかを覗いてみた。
案の定、今朝履いていた息子のブリーフが投げ込まれてある。
綺麗に拭き取られていたが、シミのあったところには精子の痕跡があった。
鼻を近づけてみると、今朝嗅いだ息子の匂いがする。

昼から息子はジムに、母親は買い物に出かけ、家の中に私ひとり。
息子が出かけてからすぐに、内緒で息子の部屋を覗いてみた。
綺麗に整理整頓されている。

ごみ箱の中をあさってみる。ティッシュに包まれた使用済みの縛った
コンドームが捨ててあった。たぶんオナニーで使ったんだろう。
伸びきった透明なゴムの中に、大量の精子が溜まっていた。
溜まっている精子を指でつまんでみる。気のせいか、少し生暖かい。
出かける寸前に出したものなのだろうか?
つまむたびに黄色い塊が、白い液体の中を移動するのが見えた。

男盛りの息子の性欲を満たしてあげたい。

i田舎の親父さんへ 投稿者:kuma3(12月18日(水)08時26分50秒)
プロフと願望を教えて頂きありがとうございます。
息子のことをせめたいと思っているところに、息子から
アプローチされたらどうするんだろう?なんて妄想
してます。

日常の描写の中に親父さんのエロ視点があり、咄嗟に
何気なさを装うところが可愛いらしいです。
何かあったらまた書き込んで下さい。

親父のプロフと願望 投稿者:田舎の親父(12月16日(月)16時01分47秒)
若い頃は、忙しく農作業をしていたので、今よりガッチリしていて、余計な
脂肪も付いていなかった。全身毛深かいのが、唯一の悩みの種だった。
165センチ、75キロのチビではあったが、チンコが他人よりちょっと
だけ大きかったので、幼なじみの友人からは
「いい体してるなぁ。奥さん大変だろ」と、いつもからかわれていた。
今では坊主頭に髭づら、85キロのおじさん太りで昔の面影は全くない。

もし、息子が私の欲求を無条件に受け入れてくれるなら、
息子の体を背後から抱きながら硬くて太い肉棒をじっくり握り、亀頭責めを
してみたい。
体中ガクガクと痙攣させ、「親父、漏れるっ」と悶絶しながらドロドロ射精
する姿を見てみたい。

バレたら一生、息子に変態親父って呼ばれるな。

田舎の親父さん 投稿者:茶髪メガネ(12月16日(月)08時55分32秒)
すごく興奮しました!今後の進展が気になります。
また進展ありましたら教えてください!