近親相姦―親父と息子―



 部屋を出る

この部屋のアドレス:018 Maison de Pon, City Center, METROPOLE21

この部屋のオーナー:管理人さん(クリックするとメールが出せます)

<オーナーのメッセージ>
タイトル通りです。近親相姦、親父と息子にまつわる体験談、妄想告白、聞いた話……など、なんでもよろしく書き込んで下さいね。


オーナーコマンド(この部屋のオーナー以外は使用できません)

パスワード:     


この掲示板は18歳以上のゲイまたはバイの男性が利用することを前提にしています。それ以外の方のご利用や、援助交際を求める内容の書き込み、宣伝行為は固くお断りいたします。

ペンネーム: メールアドレス:(省略可、スパム対策済み)
タイトル: 削除パスワード:(後で削除するときに使用)

メッセージ:(一度も改行せずに書き込むと自動改行されます)



一昨日 投稿者:ユウジ(6月19日(火)23時23分32秒)
母親が日曜日の夕方から夜勤で、僕は昼から図書館で勉強していました。
閉館時間のちょっと前に父から「車で迎えに行く」とメールがありました。
前に父とキスした時は、母が家にいたので、そこから先に進むのはどうかということで、
それ以上は何もしませんでした。キスしながらお互いにちんぽの固さを触って確かめ合ったけど。

お父さんたちのダブルベッドでするのも…と言うと、じゃあ、ホテルに行こうか、ということになりました。
隣町にあるわりとちゃんとした全国チェーンのホテルに、と父は行ったんだけど、
フロントを通ったりするの嫌だな、と僕が言ったので、ラブホテルに行くことになりました。

ガレージにつながってる部屋に入ってすぐ、僕の方から我慢しきれなくて父に抱きついてキスして
ズボンを脱がせました。そしたら見たことのないエロいパンツを穿いてました。
もう固くふくらんでました。その上から舌で舐め始めました。僕の鼻息はすごく荒かったと思います。
パンツをめくってみると、ズルむけの太いものが出てきました。口にくわえようとしたら、
「汗かいてるし、シャワーを一緒に浴びよう」と言われましたが、シャワーを浴びる前に
一度しゃぶっておきたかったので、そのまま口に入れました。
すごい太い!と思いました。ほかの人のを知らないので、くらべることはできないんですけど、
でも僕のよりは絶対太いと思います。父はお前のも太いよ、とは言っていましたが。
夢中でしゃぶっていると、さあ、シャワー浴びよう、と言われて、今度は一緒にシャワーを浴びました。
父のちんぽが僕のお尻の割れ目にあたって、それがすごく気持ちよかった。後ろから手をまわされて
乳首をいじられたり、全身をなでられたり。背中をなめられるとゾクゾクしました。

ベッドではキスして、あとはずっと69をしました。父が上で、父の毛だらけの玉が僕の鼻の穴をふさいで
ときどきどかさなければならなかったけど、玉でふさがれる感じも悪くなかったです。
結構喉の奥までくわえました。吐き気がするのかなと思ったけど、一度ちょっと苦しくなったけど、
吐き気というのはなかったです。
始める前に、「僕の口の中で行って」とお願いしていました。父も僕にそうするように言いました。
「行くときは腰動かしていいよ」と僕は途中で言いました。すると、「じゃあ、お父さんが先に行ってもいいか」
と言うので、いいよ、と答えると、激しく腰を振り始めました。
正直かなり速い動きでびっくりしたけど、僕の喉はその動きにもちゃんと対応できてました。
ウグゥッとかなりませんでした。なるべく口をしめて気持ち良くいってもらいたいと思いました。
「いくぞ」と言って、父は発射しました。思った以上に出ました。
正直に言って、うわ、思ったほど興奮しませんでした。なんか、鼻水みたい、と思ってしまった。
「吐き出していいぞ」と言われたけど、もう飲んだ後でした。
「お前も上になって、腰動かしていいぞ」と言われたけど、僕は父に上に乗っててほしかったので、
その体勢のまま、しゃぶってもらっていきました。父も僕のを飲んで、そしてずっとしゃぶってました。
そして体勢を変えて、並んで寝てキスしました。そうしながら父の体を触ったり、乳首をなめたりしました。
父も僕の体を触ったりしているうちに、僕はまた固くなってきました。すぐ行けそうでした。
父に「今度はキスされながら行きたい」と言ったので、手で行かせてもらいました。口で行くのもよかったけど、
どっちかというと、キスされながらのほうが興奮しました。

そのあとしばらく寝て、目が覚めた僕は父のちんぽをじっくり見ました。白い毛が少しありました。
しゃぶっていたらだんだん大きく硬くなってきました。そのうち父も目を覚まして、
今度は二人のちんぽを重ねてしごき始めて、先に僕が行って、父がすぐあとから行きました。

僕の腹の上の精子を父が全部舐めました。そして僕のちんぽをしゃぶってきれいにしてくれました。
そして今度は本格的に寝ました。父は結構いびきがうるさいんですが、僕は音で寝れないということはなくて、
むしろ父のいびきを聞きながらだと安心して眠れました。
朝4時半くらいに目を覚まして、父の寝顔をみながら、昨日のことを思い出しながらオナニーをしていました。
父が目を覚まして、僕がオナニーしているのに気づいてニヤッとしました。もう恥ずかしいことないはずなのに、
一人でしてるのを見られるのは少し恥ずかしくて、興奮しました。
見てるから、そのまま続けてごらん、と言われて、さらに恥ずかしさと興奮が増しました。
ときどきキスしたり乳首をなめたりしながら、父はずっと見てました。
4発目はあまり出ませんでした。それをまた父が口できれいにしてくれました。

精液を飲んだ感想を聞かれたので、「精子って鼻水みたいだった」と言ったら笑ってました。
「お父さんは嫌じゃない?」と聞いたら、
「別に鼻水みたいでも大丈夫だよ。お前が赤ちゃんの時は鼻水を口で吸ってやってたし。
お母さんはできなかったけど」
と言ってました。



体験談 投稿者:かず(6月18日(月)12時25分07秒)
ここの体験談見ていつも興奮しています
電話で話聞かせてくれたり
する人いたらメールください 
179 79 36

サウナで 投稿者:としあき(6月16日(土)00時45分54秒)
掃除のために明かりがついたとき、一緒に抱き合って眠っていたのが親父だとわかった時はたまげた。

大学3年のころ。
10年ほど前まであった小さいゲイサウナ。実家の近くにあり、顔見知りに会うのを恐れて、
ほとんど行ったことがなかったが、飲んだ勢いで行ってみたのが始まり。
数か月に1回くらいのペースでしか行かなかったが、5回目くらいだったか、3Fに二つある
ミックスルームの真っ暗で小さい方で寝ようと思ったら、隣の人のいびきがうるさかった。
軽く揺り動かしてみたらいびきが止まった。触った時になかなか好みの体形だと気づき、
あちこち触っているうちに、ちんぽも固く反応してきた。大きすぎず、小さすぎず、程よい
サイズ感でちょうど全部口に収まる感じ。太さはやや太目。向こうも目を覚まして俺のことを
触ってきた。
真っ暗闇の中でキスしたり69したりしたが、なんというか、肌がすごく合って、何をしても気持ちがいい。
2人とも手こきで行かせ合って、ことが終わると、相手は俺を自分の腕に抱きよせて、腕枕して寝かせた。
そしてそのまま朝を迎えて電気がついたとき、相手がだれかわかるとお互い何も言えなかった。
親父の驚いた顔、おそらく俺も同じ表情だったんだと思う。
その時は一言も言葉を交わさなかった。親父が何も言わずに先に立ちあがって出て行った。
親父がもう着替えて出て行っただろうと思える時まで喫煙コーナーに座って待ってから、俺もシャワーを浴びた。

当時実家暮らしだった俺は嫌でも親父と顔を合わせなければならない。避けていたが、
ついにあの後で初めて親父と対面した時、親父は「おう」と言っただけ。
その後も一切あのことを話題にしようともしないし、何かあった素振りさえ見せない。

なるほど、なかったことにするわけだな。俺も親父に付き合って何もなかったふりをして日常生活に戻った。

そのサウナからも足は遠のいたが、他の男との経験を重ねても、あのときほど肌が合って気持ちがいい
感覚には出会えなかった。
それで大学を卒業して、一人暮らしをするようになっていたが、またあのサウナに、ときどき行くようになった。

何年か経ってから、そこのミストサウナに入ると、親父がいた。やはり驚いていた。
でも動揺をあらわにすることなく冷静さを保ったままサウナを出て行った。
しばらくためらったあと、俺も出て行った。

真っ暗の方ではなく、薄明かりのミックスルームの方に入ると、何人か横になってる中で、
壁にもたれて脚を伸ばして座っている人がいた。近づいてみると親父だった。
俺から顔をそむける。近づくな、ということかと思い、離れるべきか迷った。
でも手を振り払われるのを覚悟で乳首に手を伸ばした。少し抵抗されたが、こちらもひるまずに
触ろうとすると、驚くほどビクンと震える。すごく敏感なようだ。
ちんぽに触れると、なんだ、もうカチカチじゃねえか。
すると親父も俺の体をまさぐってきて、俺を横たえて上に乗ってキスしてきた。
そのあとはかなり時間をかけてやった。俺は二回行かされた。この時は二人とも口の中で行った。
終わると、また俺を抱き寄せて、二人で眠った。朝になると、また無言で別々に出て行った。
そんな調子で今までに10回ほど親父とはやった。ほとんどは手こきで行かせあい、一度だけ口の中、
最後の一回だけ掘り合って、お互い相手の中で行った。この時だけ、掘られながら思わず
「親父、気持ちいい!」と口走ってしまった。一瞬親父の腰の動きが止まったのは今思い出すと笑える。
これらのことについて2人で話したことは今までない。あのサウナが廃業してからは親父に偶然会うこともなくなった。

ユウジくんやジョウさんの続きがアップされるのを楽しみにしています。

下記の方と同じく、精飲 投稿者:父子家庭(6月16日(土)00時29分50秒)
私も、小6から息子のを精飲しています。それも息子が小5の時
友達から聞いてて来たらしく、一緒に風呂に入っているとき、
『誰々くんがね、チンチンから大人になったら白いものが出るって言ってた。
精液って言うんだって。パパは出る?どんなんか見たい』って言うんで、
性に目覚める時がきたんだな〜と思い、うれしくなりました。
こうやって、チンポをしごくと、気持ちよくなり、精液が出るよ。。
息子を目の前にして、実践。息子の身体めがけ発射。「これが精液だぞ」
それを手に取り、匂い、味を覚えさせました。息子もそれから、風呂に
入るごとに、センズリをしたけど、、出なく、6年の夏休みに、
入浴中に、息子にセンズリしさせていると、「パパおしっこでそう、、」
って言うんで、あわてて、息子のチンポを口に含み、スロートしながら舌で舐めたら
ドピュー〜ドピューって口の中に、精液が、、、、、
「お前、、男になったよ。。精液出たそ!!」、息子は放心状態。。^^
その日は、フェラで3回放出、、、、、それからは、、「パパ気持ちよかった
から、またして〜」オネダリが、、、(笑)。
それからは、ほとんどフェラでイカセテやり、、精飲愛飲していました。。
若い精液が、私の肌の若さ保持に一役かっている気がします。。
人からは、年齢より10才は若いっていまれます。。当方現在51才
、息子19才。
興味ある方は、メールください。息子との性愛を話しますよ。電話にて。

息子の−を愛飲 投稿者:若さの源(6月14日(木)22時22分53秒)
事の起こりは息子の部屋の異臭からでした。
机横のごみ箱やベッド下からティッシュペーパーの塊が複数個出て来て、古い物は固まっていますが、柔らかいティッシュを広げると唾液のようなものがいっぱいに包んであるのです。私は一瞬にして生臭さから「精液」と分かりました。息子は19歳の専門学校生で母親似で背の割に肥満タイプで彼女の噂も聞きません。
ある日の晩、息子を呼びつけ---お前の部屋は臭いぞ。あれをした後はちゃんと片付けろ
---と言い、冗談紛れに---出そうになったら持って来い---と言ってしまいました。数日
後、就寝前に突然息子が入って来て---父さん、出そうや---と見ると、息子のパジャマズ
ボンが大きく膨らんでいます。私のそばに来るとズボンを脱ぎ、小振りの太いマラがツキ
出しているのです。私は慌てて舌の上で転がし手コキしてやると、数回で舌の上に大量の
精液を出し、床に溢さないように口の中で強く吸い取りました。息子は下半身を震わせて
居ます。
それからは、一日に数度私の部屋にやって来ては処理してやります。その成果、私の一物
も元気が出て絶えず勃起する様になりました。精液は有る時はコーヒーに入れて飲んだり
コップに入れて飲んでいます。

続き 投稿者:ユウジ(6月12日(火)00時05分52秒)
母が夜勤の日は、母が用意しておいた夕食を7時くらいに温めて、僕が準備している間に父も自分の書斎から出てくるという感じです。
日曜日の夜、僕が7時くらいに部屋から出てキッチンに行こうとすると、シャワーを浴びた父がリビングのソファーに座っていました。
タオルを腰に巻いただけでした。そんな恰好で出てくることはこれまでなかったので、びっくりしました。
上半身の裸も子供のころ以来見てなかったと思います。あれ、こんなに良い体だったのかな、と思いました。
なんか、若いころより進化してる気がしました。
僕のちんぽは固くなっていました。
「見たいか?」と言われたので、うなずきました。声が出なかったです。
タオルを取って立ち上がりました。半立ちでした。太い、と思いました。長さはそうでもないと思ったけど。
僕だけ見てるのも悪いし、僕の裸も生で見てもらいたくなって、恥ずかしさも忘れて、僕のも見て、と言って僕もその場で脱ぎました。
僕のはフルで立ってました。「腹につきそうだな」と父が言っているうちに、父のちんぽもムクムクと立ち上がってきて、
結構斜め上を向くまでになりました。あ、やっぱり大きいのかも、と思いました。
でも自分のもの以外はそれまで立ってる実物をみたことがないので、比較はできないです。僕のよりは少し大きいと思った。

父はいきなりまたソファーに座って、でもその場の勢いでしてしまって、後悔するかもしれないしな…
と言い、タオルで腰を隠しました。え、そんな…と思ったんですが、僕もパンツをはいて、隣に座って
話しました。僕の勃起も徐々におさまりました。軽はずみなことはやめよう、という感じになり、僕もそうだね、と納得し、
父は服を着に部屋に戻り、僕は夕食を温めることにしました。

でも僕の性欲も好奇心も限界まで高まってしまい、今日の夕方、父と僕が知り合った掲示板に、また書き込みました。
いますごくしゃぶってみたい気分の童貞です、と書いて。

母は夜勤明けに帰ってきて仮眠をとって、夕方からまた会議で病院に行っていたので、父と僕と三人で夕食を食べた後は
ぐっすり寝てしまいます。夕食後、僕が部屋で勉強していると、父が来ました。勉強を教えに来てくれたのかと思いました。
「書き込み見たぞ」と言われて、どう答えればいいかわかりませんでした。
そうだよね、僕だとわかるよね、と思いました。「誰でもいいからしゃぶりたいなんて、変な男が寄ってくるぞ」
僕は「誰でもいいから」とは書いてないんだけど、まあ、そんなに間違ってもないかな、と思いました。
軽はずみなことはやめようといったのはお父さんだけど、誰だかわからないやつにお前の童貞を奪われるのを見過ごすわけにもいかない、
みたいなことを言ってました。「でも僕もいつかは誰かとやるよ」というと「あの掲示板にろくな奴はいない」
と自分も書き込んでたくせに言いました。え、それはお父さん、僕としてくれるってこと? と聞くと、
俺の知らないところで知らないやつにやられるなら、俺が相手になってやりたい。
それはうれしかったんですが、「でも途中でやっぱり良くない、やめようとか言われるのは嫌だし…」
というと、「大丈夫、もう言わない」と言って抱きしめてくれキスしました。

英語面接の練習 投稿者:ユウジ(6月10日(日)17時15分59秒)
この間、母が夜勤の日に、お父さんが掲示板で知り合って待ち合わせて、メールのやり取りしてたのは僕だよ、
ということを父の部屋に行って言いました。
その時は、ものすごくビックリした様子でうろたえているようでした。
でもしばらくして落ち着いて、いろいろ話をしました。
東京で大学生だったころにサウナに行ったことがあるとか、
地元に帰ってきてからは何回かくらいは男とやったことがある程度 とか。
母ともほとんどセックスレスだとか。
僕の方も、童貞でまだキスもしたことないとか、女の子には全然興味ないこととか、
いろいろ話しました。
そのあとは普通に僕も部屋に帰りました。 でもあんまり眠れませんでした。
次の朝父と顔を合わせた時、 お互い気まずい感じがありました。
でも、おはよう、と言って肩を叩いてくれました。 最近全然そういうタッチはなかったので、ちょっとうれしかったです。

父は英語の教師です。僕の母校の先生ではありません。
高3の時は時々英語をみてもらってました。また 久しぶりに勉強みてほしいと頼みました。
7月にTEAPという英語の試験を受けるんですが、スピーキングのテストで面接官と会話しなくてはなりません。
向こうから質問されるのと、こちらが面接官にインタビューするという形式もあります。
その練習をしたかったのもあるし、聞きたかったことをこの機会に聞いてみたいというのもありました。
それで英語で質問を考えておいて、父と練習するときに聞いてみました。
「僕の写真でオナニーしましたか? Did you masturbate with my pictures?」と聞いたら No. でした。
ちょっとだけがっかりしてたら、おそらく Did you masturbate "to" the pictures of me? 
と聞きたかったんだろう、お前の聞き方だと「僕の写真を使って、つまりペニスに写真を巻き付けるとか、
そういう風に写真を使ってしましたか?」という意味になる…とか文法的な解説が始まって、
すっかり先生と生徒モードになってしまい、げんなりしました。

別の日に、このあいだ教えてもらった言い方であらためて聞いてみると、こんどはYes, I did. と言いました
「何回しましたか?」と聞くと、早口でペラペラ話されて、よくわかりませんでした。
僕が理解できなかったのがわかると、さらにペラペラしゃべっています。
あとから、「なんて言ってたの」と聞いても教えてくれません。
でも僕の写真で抜いたことがあることは分かったので、とりあえずはそれで満足しました。
その日の最後に、僕もお父さんが送ってくれた写真や動画で抜いたし、お父さんだとわかってからも見てしまうこととか、
今はほんとに誰かとやってみたくて勉強も手につかなくなってきた、でも知らない人とやるのも嫌だし…
ということを(日本語で)言いました。
お父さんとだったら安心なんだけど…という風にはっきりは言わなかったけど、伝わったかな? 

今日はまた母が夜勤です。さっき出勤しました。父ももうすぐ帰宅すると思います。

寝ている父親に 投稿者:ジョウ(6月8日(金)16時29分16秒)
どれくらい前だろう。成人してからだと思うけど実の父親のペニスを舐め、射精させたことがあります。父親は結構な大酒飲みで毎晩、晩酌をしてはイビキをかいて寝てしまう毎日でした。その日も自分の部屋からリビングに降りると案の定、ソファーに横になりイビキをかいて父親が寝ていました。ビデオを見ようと取り出したら何と洋物の無修正ビデオが入っていて親父もこんなのを見て自分で処理する事もあるんだ。なんて思いました。バレないようにデッキに挿入し再生ボタンを押すとかなりデカイ一物の男優が金髪の女とやっているビデオ。興奮して自分のと比べ見入ってしまいました、そんな時ふと、父親のはどの位の大きさなんだ?と振り返ってみたら下着にパンツで寝ている。女の裸よりも男の一物が見たくなり寝ているのを確認してパンツの上からそっと撫でてみました。処理し終わったのかしてないのかわかりませんでしたが、意外にも柔らかいパンツ越しのペニス。そこまでくると止まりません。イビキをかいているのを確認して腰のゴムをゆっくりと開けて中を確認しました。陰毛に覆われて見ることができない私は大胆にパンツを更に引っ張って見ました。そんなに大きくないのか父親のペニスが現れました。そっと手にとって見ましたが起きる気配はありまさん。自分がするようにカリ首の辺りを指で這わせてみました。するとピクピク!と反応して、寝ていてもここは起きてるんだ。なんて思いました。どんな味がするんだろ?口に入れた時の感触は?舌でどうやったら気持ち良いのか?なんて考えましたが軽く父親のペニスにキスをしてみました。味はなし、今度は口を大きく開け歯が当たらないように口の中に治めて見ました。フニャフニャでしたが陰茎を唇で上下し舌で亀頭を包み込むように、すぼめては軽く吸引したりとするうちに完全に勃起状態にヨダレでヌメヌメの男根を見て自分ほどではないですが、それでも勃起している父親のペニスを見てえらく興奮しました。先走り汁も味わい少ししょっぱかったですが身内なら別に平気か?なんて味わいました。父親は相変わらずイビキをかいています。気持ちよくないのかな?なんて思いイかせてみたくなりました。陰茎に軽く手を添えゆっくりと上下に動かし亀頭、仮首、玉袋まで舐めている自分にも興奮が治りません。後はバレないようにと射精をさせてみたかったそれだけでした。包み込みしばらくしたら亀頭が更に膨らみました。んっ!と思っていると鈴口から大量のザーメンが一気に出てきました。零さないようにと唇を窄めましたが大量の精子を口の中に入れておくことができず少し飲んでしまいました。かなり興奮していたのか美味しかったと言う思い出しかありませんでした。流石に父親も射精のときはイビキではなく「うーっ」と唸っていましたが起きている気配はなくティッシュて軽く拭きその時はそれで終わりました。自室に戻り興奮冷めやらず自慰をして終わりましたがあの頃を思い出し今でも自慰にふけっています。その後もあるのですが次回にまた、書き込みます。

父親 投稿者:のん(6月6日(水)17時13分31秒)
私は、昔から女装の兆候がありました。
親に隠れては女装をしていました。
父親が、若年性認知症になり施設に入りました。
時々、看護の度に父親を裸にして全身をふいてからおちんちんをなめまくりました。
気持ちが乗って来た時には挿入はしました。父親のちんちんは長さが20cm位あり直径は栄養ドリンクの1周り大かかったです。

メールを父に送りました 投稿者:ユウジ(6月3日(日)20時30分04秒)
この前まで使っていたwebメールからじゃなくて、携帯メールから、父に連絡を入れてみました。
母親が夜勤のある仕事をしていて、前は週に一回は夜勤だったんですが、最近は月に1〜2回に減りました。
次の夜勤の日を狙ってメールを送ることにして、それまで待ってました。

「ちょっと前にやりとりをしていて、公園で待ち合わせたものです。
待ち合わせ場所まで行ったんですけど、事情があって引き返しました。
たぶん怒ってると思って連絡できませんでした…」

というようなことを書いたら、さっき返信があって、怒ってはないけど、ずっと気になってたよ、
と書かれていて安心しました。また会える?と聞かれたので、また連絡します、とだけ答えました。
直接、父の部屋で話そうと思います。「さっきのメールは僕」と言って。

息子に誘われて 投稿者:昼間の裸親子(5月29日(火)15時17分37秒)
高2の春休みの事でした。妻は仕事に出かけ私は非番明けで、帰宅後は息子との
二人だけです。
午前9時半頃、食事を終えて部屋に戻ると、チンポがムラムラしていつもの日課で
パソコンを見ながらオナニーをしてザーメンを手に受け止めて飲み込むのです。
ようやく落ち着いてトイレに行こうとすると、何時も、息子の部屋のドアが閉まって
いるのに、今日に限ってドアが少し空いているのです。
そして、中から『ア―ウ―』と繰り返し聞こえるので、覗くと息子が全裸で後ろ向きに
座り身体を上下に動かしているのです。何事かとよく見るとお尻に物を入れて、時々
ワンワンスタイルになって、手で出し入れしてもう片方の手で勃起したチンポを手コキ
しているのです。私はパソコンでゲイ動画を見ていますが、本物は初めてです。先程
射精したばかりでしたが、チンポが勃起してしまいドアの隙間から自分で手コキしている
のです。
今度は息子の型が、私に見せびらかす様に向きを変えました。「アーウー」と声を出し
チンポは綣にくっ付く位に直立勃起しているのです。息子と目が合うと普段言葉を
交わさない息子が≪パパこっちに来て≫と小さくしゃべるのです。私は言われるまま
ズボンのチャックから勃起したチンポを出しながら息子に近づくと、息子は私のズボン
を一揆に脱がせるとお尻に物を入れ正座したまま口に咥えて来ました。
妻以外した事のないチンポの感触がツタ渡って来ます。私も全裸になり息子の頭を
押さえています。そして、お尻に物を入れたまま69になって息子の勃起したチンポを
咥えました。よく観察すると、もう大人のチンポです。14 ̄5cmあり亀頭部は綺麗
なピンク色をしています。しかし、陰毛かないのです。息子に聞くと全部剃ったとの
事でお尻まで毛が一本もありません。綺麗にすべすべしています。余計に興奮します。
息子のお尻に入っていた物は、大人のおもちゃである「ディルドです。これは何処で
手に入れたのかと聞くと、友達から譲り受けたとの事でした。
息子のお尻穴が丸く開いているので、私は勃起したチンポを入れ込みました。妻の
緩んだオマ〇コと違い細い尻壁で圧縮され数分で中出ししてしまいました。その後は
勃起した息子のチンポを咥えて口内射精で受け止めました。その日は、夕方まで全裸
でいて勃起する度、ディープキスをしたり息子の滑らかな体を抱き付いては互いに
ザーメンを飲み交わしました。

出張帰り 投稿者:寝取られ親父(5月23日(水)07時36分10秒)
私は土曜日に出張から帰って来る予定でしたが、仕事がはかどり金曜日の夜10時過ぎに帰宅しました。
帰宅すると、部屋の明かりは消え夫婦の寝室の明かりがドアの隙間から漏れており、
妻の喘ぎ声が聞こえるのです。強弱した声でオナニーでもしているのかなぁーと思い
ドアを少し開けました。
ナント、42歳の妻と高1の息子が、ベッドの上で全裸でセックスをしているのです。
息子が下になり妻が騎乗位で巨乳を揺らしているのです。私は怒りよりか唖然となりました。別世界の中にいるような感じで眺めているとズボンの股間が固くなって来るのです。
2ヶ月程御無沙汰しているので、すぐに勃起してしまいました、
それはエロ映画を見ているような感じでした。妻の浮気ではないので自然とズボンから勃起したチンポを取り出しオナニーをしているのです。我慢し切れず寸止めにしました。
私は、ドアを強く大きく開けました。
母子はびっくりした顔で、すぐにセックスを止めベッド上で離れ妻は後ろ向きに、
息子は勃起したチンポで出した座りました。
「お前達、何しているのや」と大声を出しました。母子は黙ったままです。私はベッドの
角に座らせ,何時からこうなんたんやと尋ねると妻は半年位前に息子のオナニーを手伝い
してからですとか細い声で答えました。
私は母子の全裸を見てると、チンポが勃起し始めたのです。よく見ると息子のチンポは
私よりか一回り大きく勃起しています。びっくりした割にチンポは衰えていません。
悪戯半分にオナニーを手伝った状況を再現して見ろと怒鳴りつけると、妻は渋々と
勃起した息子のチンポを手コキしフェラしているのです。
息子は興奮して妻の巨乳に吸い付ています。
私は他人の勃起したチンポを初めて見るので近くに寄り眺めると、妻は美味しくフェラ
しているので、私はどんな味がするのか試して見たくなり妻からチンポを取り上げ
舐めてみました。何の味もしませんでしたが滑らかで口の中で柔らかでとろける感じ
でした。私はズボンを脱ぎチンポを取り出すと妻は半勃起したチンポを強くフェラ
し始めました。私が上半身裸になる間、息子に妻のマン汁で濡れている陰部に差し込み
する様に言うと素早く交尾したのです。妻は再び大きな声で喘ぎ声を出し始めました。
私も交尾したくなり、妻とは結婚当初からアナルに差し込んでいるので、妻に騎乗位に
なるように命令して私の勃起しチンポを尻穴が開いているのを確認して差し込みました。
妻は初めて2穴に勃起したチンポが入っているのが良かったのか人一倍大きな喘ぎ声を
出しています。2穴では薄い膣壁で勃起した息子のチンポと当たる感触がツタ渡たって
きます。
息子は「逝く」と言って中出しをしてしまいました。私もその後アナルに中出しして
しまいました。
こうして落ち着くと、私は済んでしまったことは仕方がないと、母子に言い聞かせました。

ユウジさんへ 投稿者:りお(5月23日(水)00時51分56秒)
メールを読むのが怖ければ、お父さんと2人の時に直接言ったらどうでしょうか?
「公園で約束したのは自分だけど、お父さんがいたのであわてて帰ってしまった」って。

田舎の掲示板 投稿者:ユウジ(5月23日(水)00時20分25秒)
タチさんの「掲示板が縁」に似てるんですが、僕も田舎に住んでいます。
地方都市というよりド田舎で、山に囲まれて、田んぼだらけの場所です。

僕は今、宅浪してる19歳の浪人生です。この地方の掲示板があることは知ってました。
でも狭い世界だし、まだ誰とも経験ないし、ちょっと怖いと思って書き込んだりは
しませんでした。

でも我慢できなくなって、初めての投稿をしてみました。
22歳の社会人ということにして、10歳以上年上の人希望と書きました。
変なメッセージがいくつか続いて、嫌になってきたところで、
ちゃんとしてそうな人からメッセージもらって、その後やり取りしました。
20歳くらい上だけどいいかな、といって始まりました。
僕は全然大丈夫です、と返して、顔写真を送るのは嫌だったので、
顔の写ってない裸だったら送ると言ったら、向こうもおんなじでした。
写真を交換して、僕も気に入ったし、向こうもそういってくれました。
LINEはしてないというので、メールでやり取りを毎日しました。
一週間して向こうから「良かったら会おうか」と言ってくれました。
僕からは言い出しにくかったので助かりました。それで待ち合わせが今日でした。
山に登る途中に公園があって、夜は誰もいないから、というので行くことにしました。
家には夜は友達の家に行ってくると昨日の内に言っておきました。
公園に行ってみたら、父が待ってました。僕は気づかれるまえに逃げました。
頭が混乱してしまいました。見られてはいないと思います。
母親には早めに帰ってきたと適当に言って自分の部屋にもどりました。

父は僕が帰ってから一時間くらいしてから帰ってきた気配がありました。
たぶんメールがたくさん来てるだろうけど、チェックできませんでした。

ここの体験談を読むのは好きだし、動画とかでも父と子というシチュエーションが
好きで、興奮するんですが、自分には関係のない世界と思っていました。
でも帰ってきてからいろいろ思うと、もし僕があのまま待ち合わせに行って、
父が「やろうか?」と言ってたら、もしかしたらできてたかもしれないと思い始めました。父が乳首をつまみながらオナニーして、すごいいっぱい出してる動画で何回も
抜いたことだし。
でもメールはちょっと読めないですね。すごい怒ってる文章がありそうで。
どう返信したらいいかもわからないです。

すいません、何にも起こってないのに。

みんな凄いなさん 投稿者:CB(5月22日(火)16時05分08秒)
みんな凄いなさんの「覗き」凄く興奮します!
想像しただけで堪りません(笑)

続ー異色家族 投稿者:異色親父(5月20日(日)16時43分17秒)
あれから我が家は、就寝時、私は息子と・妻は娘と悦楽する様になりました。

息子を騎乗位でやっていると喘ぎ声が大きく息子のペニスはフル勃起し我慢汁を
私の下腹部に垂らし続けています。隣からは娘の喘ぎ声が聞こえて来ます。

私は思い付きで、妻に声を掛け薄間を開けるように命じました。そうすると家族
四人共全裸です。娘は両足を大の字に開いて陰部を見せています。それを見ると
我慢出来ず、息子を仰向けに寝かせ妻に交代するように言って、娘の陰部に
飛びつきました。

娘のオマ〇コは、、小6にも関わらずマン汁が出ているのです。よく見るとビラは
小さく出ており、綺麗なピンク色です。そして、オッパイに手を伸ばすと膨らみが
分かる程で乳首は妻に強く吸われているのか大きいのです。

オマ〇コから乳首に移動すると、娘と目を合わせましたが、怪訝な顔をしましたが
乳首を舐めると喘ぎ声を出し始めました。肌を密着させディープキスをして遣りま
した。娘の足は私の身体に絡ませてきます。
フル勃起したペニスは両肌に挟まったままなので、私は立ち上がり、娘を起こして
顔の前に持って行くと、初めて見るのか目を大きくしています。口元に抑えると
自然と咥え込みフェラをし始めました。そして、オマ〇コにあてがいゆっくり入れる
と腰を引きましたが、痛がりもせずペニスは完全に収まりました。

息子を見ると、妻が騎乗位で激しく揺さぶっています。次に妻が仰向けで正常位で
息子は妻の巨乳に吸い付いています。そうこうしていると息子が「逝く!!」と言って
中出しをしてしまいました。妻は息子のペニスを舐めているのです。ペニスは縮んで
いません勃起状態です。それをフェラしているのです。

私は娘のオマ〇コに勃起したペニスを交尾しました。娘は途中から喘ぎ声を出し始めて
私の身体にしがみついて居ます。妻の緩んだオマ〇コと違ってペニスを包み込み
締め付けて来ます。私は我慢し切れず娘の腹に射精してペニスを娘の口に持って行き
綺麗に拭き取らせました。

翌朝、家族四人顔を合わせると娘以外は何事も無かった様にしています。
息子は部活に出かけ、妻はパートに出かけて、家には娘と二人きりになりました。
私のペニスは昨晩の余韻が残り勃起し始めたのです。

娘を呼び、ソファーでズボンを脱いでオナニーを見せました。娘を座らせて眺めさせ
全裸になるよう命じました。娘の全裸を見ながらオナニーをしたのです。

覗き 投稿者:みんな凄いな(5月12日(土)10時57分06秒)
実際の経験はないが、息子が同級生としゃぶり合い
してるのを見たことがある。
息子が高校1年の時に、よく泊まりに来ていた部活の
同級生との現場。
複雑な心境だったけど…正直勃起がとまらなかった。
一時は心配したが、今は結婚して子どももいる。

魔童の小説が 投稿者:年上受け(4月25日(水)15時13分33秒)
トップノッチ5の043号「上司を奴隷にする小説」の部屋に載ってるよ。

ハーフの息子 投稿者:ワールドファミリー(4月8日(日)11時07分47秒)
私の妻はアメリカ人で25年前、農業研修で出会いました。
当時、外国人は珍しく研修時、胸の隙間から見えるオッパイを想像してオナニーを良く
しました。作業コンビで仲良くなり出来ちゃった結婚となったのです。
その息子が24歳となりました。母親似で背が高くサッカー部にいたので筋肉体型です。
お茶栽培農家なので、親と同居生活しています。
息子が小学校に上がってから、風呂で見る度にチンポの大きさに変化が出て来たのです。
高学年になる頃には、私の勃起したチンポの長さになっているのす。
14〜15cmは有るでしょうか!!
風呂場で息子のチンポを洗うのが楽しみでした。私のチンポが勃起するからです。
ある時、息子が「パパ、チンチンが大きいよ。僕もなるのかなぁー」と言われたので
実演伝授してやると、みるみると20cm位に大きくなり、太さも私と変わりません。
息子との仲は、風呂場から離れ納屋に移りました。
高校3年の頃には、22〜23cm位になり,いわゆる外人の巨根です。私の両手で
挟んでも飛び出るのです。口に咥えるとデカイ亀頭部を少し入った程度で喉元まで
突っ込んでフェラしてやるのです。我慢汁も多量に出て来ます。透き通った液が
美味しいのです。私は息子を受け身体型に作り上げました。
筋肉体質の乳房は盛り上がっています。乳首は良く感じるので昔から吸い上げていた
ので、今では私の小指位に立ちます。陰毛は黒褐色で欲望をそそります。勃起時は
綣の上まで達します。それを互いに69になってフェラし合い、納屋の片隅に隠して
いるローションを持ち出し、大きなお尻のアナルに塗り込み私の勃起したチンポを
差し込んでやると、大声で喘ぎ声を出し果てるのです。
息子の精液は玉袋が大きいので、半端ではありません。口の中で2〜3度飲み込まねば
なりません。残り半分は息子とキスをしながら口移しで美味しく呑み込むのです。
身体は大きくても可愛い息子です。

続ー異色家族 投稿者:異色親父(4月6日(金)01時41分36秒)
翌朝、私の横では息子が昨晩の交尾の後、バシャマを脱いだまま寝ています。
布団を持ち上げると「朝立ち」をしているのです。

私は、夜中に母子のレズを見て興奮収まらす、息子のペニスを見て勃起して
しまい、フェラしているのです。

この時、妻のオマ〇コに入れたくなり隣室で寝ている所へ行き、妻のパジャマ上着
を剥ぎ取りオッパイを吸い喘げると悶え始めました。全裸にして陰部を舐め回すと
マン汁が噴き出して来たのでペニスを差し込むと大きく喘ぎ声を出すのです。

妻を四つんばにして、「隣の部屋」を見てみぃーと言うと、息子の朝立ちの立派な
ペニスが目に入って犬歩きで近寄りました。

中一の息子の勃起したペニスを見て、妻は物珍しく眺めています。
私は妻に「勃起してたら、どうすのや」とと言って、早くフェラしてやらんと
促すと妻は恐る恐る口に咥え美味しそうににフェラをし、私はバックから交尾
して逝きそうになったので寸止めしました。

そうすると、妻は何を思ったのか息子に騎乗位になりイキリ立ったペニスを
オマ〇コに入れ喘ぎ声を出しているのです。

息子は、下腹部に圧迫感を憶え目を覚ましました。気持ちが良いのか、又は現実
が把握出来ないのか、大人しくされるままになっています。

少ししてから、母の全裸を見て息子は巨乳に吸い付いて行きました。妻と息子は
抱き合う様にして交尾しているのです。私はこれを眺めながらオナニーをしている
のです。そうこうしていると二人は熱いキスを始めました。

そして、正常位になり巨乳を咥えていて、父さん「逝きそう‐‐‐」と言ったので
中に出されてはまずいので、《母さんの口に持って行け》と言うと、妻は口で
受け止め綺麗にしたのです。妻は放心状態です。

妻のオマ〇コは大きく口を開けているので締まりが悪いと思い、私の勃起した
ペニスにマン汁を付けアナル交尾しました。横にいた息子は一回射精したにも
関わらず勃起したままなので、息子に「母さんの口でしてもらえ」と言うと
にゃっと笑って持って行きました。妻は息子の勃起したペニスを手に持って
喘ぎ声を出しながらフェラしています。

こうして、三人一緒に果てました。

朝食時、お互い恥ずかしく顔を合わせません。息子が学校へ行く前、私に近寄って
来て、「父さん我慢出来へん、学校で立ってしまう」と小声で言うのです。
仕方なく、妻に息子が忘れ物をしたから部屋で探してやれと言うと二人は部屋に
行き五分程で戻って来ました。

それ以来、私は三人一緒にする約束を守らせました。